女優の仲間由紀恵、松下奈緒、予備校講師でタレントの林修氏、ラジオパーソナリティの安田レイが1日、都内でJA全中ファーマーズマーケット『10月2日は直売所の日』PRイベントに参加した。

【動画】仲間由紀恵、目標は“ダイコン役者” 松下奈緒はオオナガナス手に「まんま私」

 全員がイメージキャラクターなどJAに関する仕事をしていることから登壇。仲間は「毎回、買いすぎないように気をつけながら行っています」と直売所を愛用していることを明かし、直売所マスターを目指す松下も「先日、ダイコンを買いました。直売所は最高。どんどん、食べちゃう」と笑顔を見せた。

 似ている野菜についてのトークも展開。松下は熊本産のオオナガナスを手に取ると「まんま、私ですよね。細長くて、色もきょうの衣装に近いですし」と苦笑い。続けて「細く長く、目の前にあることを頑張りたいという意味も込めて」と選んだ理由を口にしていた。

 一方の仲間はダイコンを大事そうに手に取った。「単純に食べるのが大好きで、よく使う食材でもあるので身近にある」と語り、「いろんな役をやっても、その役が自分の近くいるなと思ってもらえるような芝居をしていけたらいい。ダイコンはすりおろすと辛味、煮ると甘みもあるし、苦みもある。私もダイコンのように苦みも甘みも、いろんな深みが出せるような役者になっていきたいという願いを込めて」と通常の意味とは違った“ダイコン役者”を目指すことを誓っていた。