ジャニーズ事務所を9月30日に退所した元関ジャニ∞・錦戸亮が、10月1日から公式サイトやSNSをオープンするとともに、ファンクラブ『NFC』(エヌエフシー)と、自身の主宰レーベル『NOMAD RECORDS』(ノマドレコーズ)設立し、ソロ活動をスタートした。

【動画】スーツケースを抱え荒野を歩く錦戸亮

 この日、錦戸は『NOMAD RECORDS』を通じて「何もない、0からモノを作ってみたくて、自主レーベル“NOMAD RECORDS”を設立致しました」と報告。あわせて、今年12月11日に、第一弾アルバム『NOMAD』(ノマド)のリリースと、全国ツアー『錦戸亮 LIVE TOUR 2019“NOMAD”』を11月5日の福岡公演を皮切りに、全国5ヶ所11公演を開催することも発表した。

 錦戸は「応援して下さるファンの皆様にまずは直接会いに行きたいと思い、初のライブハウスツアーを行います」と伝え「一人の人間として、面白味のある人物になれるよう僕は僕を励みます」と意気込んでいる。

 なお、錦戸がオープンしたのは、オフィシャルホームページ(www.ryonishikido.com)、YouTube(https://youtu.be/3ERPiwjrxY0)、インスタグラム(@ryonishikido_official)、ツイッター(@RyoNishikido_JP)、Weibo(RyoNishikido_Official)。

 全国ツアーのチケット予約は、きょう1日よりファンクラブ先行受付がスタートする。

■以下、コメント全文

「何もない、0からモノを作ってみたくて、自主レーベル“NOMAD RECORDS”を設立致しました。応援して下さるファンの皆様にまずは直接会いに行きたいと思い、初のライブハウスツアーを行います。一人の人間として、面白味のある人物になれるよう僕は僕を励みます」