サザンオールスターズの原由子が、井上真央主演で19日からスタートするNHK土曜ドラマ『少年寅次郎』(毎週土曜 後9:00 総合)で語りを務めることが明らかになった。原がドラマのナレーションを担当するのは初となる。

【全身ショット】”和”が似合う…衣装の着物姿の井上真央

 ドラマは大ヒット映画シリーズの『男はつらいよ』の主人公・車寅次郎の少年時代を描いたストーリー。『男はつらいよ』誕生50年のメモリアルイヤーに、寅次郎の生みの親、山田洋次監督原作の小説をドラマ化する。

 映画シリーズ50作目の『男はつらいよ お帰り寅さん』が12月27日に公開されることも決定しており、サザンの桑田佳祐がオープニングに出演し主題歌を歌うということでも話題に。夫婦がそれぞれ別の形で“寅さん”にかかわる偶然が重なった。

 NHKの制作統括・小松昌代氏は「脚本の岡田惠和さんと、まだ平成だった今年の始めに柴又を訪ねた時、どんな声がこのドラマにはふさわしいのか、江戸川を眺めながらあれこれ想像しました。昭和の時代を語りながら、なおかつ寅次郎を、その家族を包んでくれる声がよい。そして江戸川のゆったりした流れのような語り心地」とイメージしていき、「その時うかんだ原さんのお名前に、最強の味方を得たような気持ちになり、夕方の参道を意気揚々と帰りました。一気に世界が広がりました。他にはいません」と自信をにじませる。

 ドラマの語り初挑戦となる原は「以前から寅さんの大ファンですので、今回ナレーションで参加させていただく事になり、本当にうれしく光栄です。このような大役を仰せつかりまして、とても緊張していますが、みなさんに楽しんで頂けますように精一杯頑張ります! よろしくお願いいたします」と意気込んでいる。