女優の桜井日奈子が1日、東京・千代田区の霞テラスで行われた『令和元年度 第73回赤い羽根共同募金』キックオフイベントに参加した。

【動画】ファンと笑顔で交流する桜井日奈子

 赤い羽根共同募金は「じぶんの町を良くするしくみ。」として、さまざまな地域課題や社会課題の解決に取り組むボランティア団体やNPOなどを支援。昨年度は、多くの寄付が寄せられ、全国約5万100件の活動に助成を行った。

 赤い羽根サポーターで、今年度の共同募金運動ポスターモデルを務める桜井は「歴史のある共同募金。どんなことに使われているのか、今はオンラインでも募金ができることなど、私もサポーターを務めるにあたって初めて知りました。誰かの力になりたいけど、その方法がわからない方もいると思います。そういった方々に向けても、精いっぱい募金を呼びかけたいと思います」と意気込み。イベント後には、街頭に立って募金を呼びかけていた。

 イベントにはそのほか、井之脇海、大相撲の御嶽海関、朝乃山関、隠岐の海関、剣翔関、厚生労働大臣の加藤勝信氏らも参加した。