Amazon Prime Videoの人気番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2に2代目バチェラーとして出演した小柳津林太郎氏が1日、都内でKANEBO『リンクルリフトセラム“大人の挑戦”イベント』にゲストとして参加。トークショーを開催し、あす2日に新会社を立ち上げることを明かした。

【写真】笑顔でローズを持つ小柳津林太郎氏

 今年2月をもって会社を辞め独立。イベントなどに出演しながら「ハイブリッドサラリーマンズクラブ」というオンラインサロンを開いていた。この日のトークショーでは「実は、あす発表するんですが、事業会社を立ち上げます。ウェルネスとウェルビーイングの世界でモノやサービスを作る仕事をしていきます」と38歳の誕生日を迎える10月2日に“大人の挑戦”を始めることを宣言。ヘルスケアやスキンケアなどのブランドや自身の事務所機能を持つという。会社名は『Ghost』になるそうで「前の会社の同期と立ち上げます」と語っていた。

 また、『バチェラー』では筋骨隆々とした肉体美を披露していたが、出演に当たり「腹筋を割る」という目標を掲げていたそう。当時を振り返って「もともと週5で会食していた。毎晩、酒を飲んでいた。3ヶ月で気合で9キロ落とした」と回顧。「絶対に脱がされるとわかっていたので(笑)。恐怖でしかなかった」というが「そのぐらいタイミングから美容関係を意識するようになりましたね」と話し、現在の活動にも繋がったという。

 美容面で挑戦したいことについては「50代に入ったブラット・ピットは筋肉もあって、見た目も美しい。憧れる。絶対にいろんな努力をして、ああなっている。中からも、外からも気を付けたい」と決意表明。バチェラー出演時から、体重変化があったそうで「筋肉量を増やして体脂肪率を減らしたい。これから頑張ります」と誓った。イベントでは同商品を体感。シワ対策の化粧品を試し「香りがすっきりしている。気分的にもすっきりしそう」とアピールしていた。

 最後に行われたフォトセッションでは、小柳津氏に合わせて“ローズ”が登場。様々なポーズを披露し「久しぶりのバラです」と笑顔を見せていた。