白泉社の漫画投稿サイト「マンガラボ!」と声優ユニット・スフィアとのコラボ企画『スフィア×マンガラボ!マンガコンテスト~best friends~』の受賞作品が30日、発表された。大賞作品と最終選考を突破した10作品を含めた計11作品が、スフィアによってボイスドラマ化される。

【動画】主演ドラマに出演するスフィアからのコメント

 コンテストの目玉は「大賞作品はスフィアの4人がボイスドラマ化、そのアフレコ現場に原作者として立ち会える」というもの。4人(寿美菜子・高垣彩陽・戸松遥・豊崎愛生)は選考にも参加して、応募総数85作品の中から大賞1作品を決めたが、すばらしい作品が多く集まったことから、大賞作品だけでなく急きょ最終選考を突破した10作品もボイスドラマ化される運びとなった。

 録り下ろしボイスドラマは、スフィア公式サイト『スフィアポータルスクエア』にて公開される予定。大賞作品「タピオカは絶滅しました」(作者・すずはる)のボイスドラマは、近日公開される。

■最終選考上位10作品
「恋バナはいちごのテーブルで」
「初めて合コンに参加する話」
「付き合っていることを秘密にしてる生徒会長と不良の話」
「タイムカプセルの約束」
「みどりのきみへ」
「Dear my best friend」
「私の友人」
「親友は残酷」
「my dear friend」
「キアロスクーロ/グラデーション」