ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムの上國料萌衣(かみこくりょう・もえ、19)が、女性ファッション誌『bis』11月号(10月1日発売、光文社)より同誌のレギュラーモデルに起用された。

【写真】目がくりくり!『bis』11月号でナチュラルメイクの秘密公開

 天性のルックスと澄んだ歌声、天真爛漫な性格でも人気を集めるハロプロ“最強美少女”は、2015年11月にアンジュルムの4期メンバーとして加入し4年目。10月24日に20歳の誕生日を迎える。

 『bis』には2018年1月号で「ニュージェネレーションガールズ」としてメイクページに初登場。青木宏行編集長は「いまや“最強美少女”として名高い上國料さんをいち早くキャッチしていたのが『bis』だったと思います。初めての撮影のメイクアップ企画では、造形の美しさに圧倒されました。ふとした表情が儚げで『メイク映えする顔立ちってこういうことなんだ!』と思ったのを覚えています」とその美貌を絶賛する。

 モデルとしては身長152センチと小柄だが「ビジュアルが圧倒的に美しく、アイドル活動時とは違う表情を毎号見せてくれます。ドーリーでガーリーな雰囲気を持つ上國料さん。レギュラーモデルになり、ますます美しさが進化を遂げていくのが楽しみです」と期待を寄せている。

 上國料は「今回レギュラーモデルになるというお話を聞いて、すごく驚きました。私自身アンジュルムに入って、カラーメイクに挑戦したり、ファッション誌に出していただいたのも『bis』が初めてでした。『bis』のおかげでメイクに少しずつ興味を持つようになったので、今は本当にうれしい気持ちでいっぱいです!」と喜ぶ。

 撮影に関してはまだ慣れないことが多いというが、「私にできることを一生懸命やりたいと思います! たくさんの方に喜んでいただけるように、『bis』の世界観や可愛らしさを伝えられるよう頑張ります! よろしくお願いします!」と意気込んでいる。『bis』11月号では『おしゃ派vs.ナチュ派のメイクアップ術』企画のナチュ派代表として、ナチュラルメイクの秘密を公開する。