10月4日に公開する映画『蜜蜂と遠雷』で主演を務める女優の松岡茉優が、神奈川県・横浜赤レンガ倉庫で行われたクラシック音楽祭『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019 supported by GALAXY ENTERTAINMENT』にスペシャルゲストとして登壇した。

【動画】松岡茉優&松坂桃李、バンプ知らない子どもに衝撃「私たちの青春なの」

 クラシック音楽祭のフェスへの参加は初めてと言う松岡はこの日、同音楽祭の総合司会を務めた松下奈緒とトークショーを開催。松岡は同映画で登場するオリジナル楽曲「春と修羅」の撮影を振り返り「ピアノには弾くのその先があるんだなと感じました。私も“芝居のその先”を目指してやっているので、まったく違う“先”というものがあるんだと思いました」と回想。

 松下から「音楽といっても色々な演奏方法があって、色々な音や表現があって、まさにこの映画にはそういった表現が詰まった作品だなと感じました」と称賛の言葉を受けると、松岡は「クラシックに愚直に向き合った作品です。コンサートに来たかのような臨場感を味わえる作品です」とアピールしていた。

 物語は「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、注目を浴びている芳ケ江国際ピアノコンクールが舞台。天才たちが集結する予選会に挑む4人のピアニスト。かつて天才少女とうたわれるも母を亡くしたことがきっかけで音楽の世界から離れたが、再起をかけて舞台に戻ってきた栄伝亜夜(松岡)。妻子を持ち、社会人として働くも夢を諦めきれず、最後のチャンスとしてコンクールに挑む高島明石(松坂桃李)。人気・実力を兼ね揃え、優勝候補筆頭のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)。亡き天才ピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)たちが熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤や成長の果てに覚醒していく4人の姿が描かれる。