都内某所で27日、ゲームアプリ『ポケモンマスターズ』のリリース記念パーティーが開催され、プロデューサーのDeNA・佐々木悠氏からバディーズに関わる新情報などが発表された。また、同作をプレイするYouTuberらによるチームバトルが行われ盛り上がりを見せた。

【画像】人気ゲームアプリ『ポケマス』の画面、盛り上がるイベントの様子も

 『ポケモンマスターズ』は、主人公が3対3で行われるポケモンチームバトルの大会「ワールドポケモンマスター」に挑戦するため冒険へと旅立つという内容。これまでの『ポケットモンスター』シリーズに登場した歴代トレーナーたちが夢の共演を果たし、ポケモンとのコンビ「バディーズ」として、新しい物語が展開していく。

 「フリートークセッション」の時間では佐々木氏が新情報を公開。『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の主人公・トウコが、最初のパートナーのポケモン・ポカブと一緒に9月30日に登場するとのこと。また、9月28日から『ポケモンマスターズ』のテレビCMの放映がスタートしていることを発表。CMには、バンド・ポルカドットスティングレイが出演し、『ポケモン』のゲーム内のポケモンセンターで回復する際のBGMをアレンジして演奏。佐々木氏は「ボーカルの雫さんは元ゲームクリエイターでそのつながりもあって起用させていただいていてる」と起用理由を語っていた。

 今回のイベントには、動画サイト・YouTubeでゲーム実況を行っているYouTuberなどのインフルエンサーらが参加し、ゲームのチームバトルをリアルに体験。日本だけでなく、台湾など外国からの参加者を含め男女30人ほどが来場していた。

 くじ引きを行って4人から10人程度のチームを作り、各チームごとに「マルチチームバトル対抗戦」を開催。チームごとに作戦会議を行い、対戦相手のキャラクターの弱点などを考慮しつつ戦略を練り、勝利すると「うぉー!」と一同で盛り上がっていた。

 YouTuberらしく自分がプレイしている様子を仲間にムービーで撮影してもらう参加者の姿も。使うポケモンを真剣な表情で考える参加者に佐々木氏は「司令塔がいる!」と指摘するなど、大盛り上がりでリリース記念パーティーは幕を閉じた。