女優の矢作穂香(22)が28日、都内で1st写真集『矢作穂香 I’m just me』発売記念イベントを開催。念願だった写真集の発売を迎え「夢がかなえられたことがうれしくて、胸がいっぱいです」と満面の笑みを見せた。

【イベント写真】お気に入りカットを紹介する矢作穂香

 数々のドラマ、映画でキャリアを重ね、日本のみならずアジアでも人気を誇る矢作。直近では現在公開中の映画『いなくなれ、群青』の堀役や、ドラマ『ボイス 110緊急指令室』の森下葵役などで出演している。

 デビュー10年目で満を持しての写真集は、出演映画『花筐』を撮影した思い出の土地である佐賀県唐津市が舞台。マシュマロのような美肌、くりっとした愛らしい大きな目、ぷっくりとした唇など、キュートさとおしゃれでフェロモンたっぷりな表情をふんだんに収録した。また、初めて大胆な下着姿にも挑戦し、これまでに見たことのない表情や姿が満載となっている。

 矢作は初挑戦となった下着や水着姿での撮影について「22歳の私が新しい顔をしているなと、すごく新鮮な気持ちになれたので、新しい自分に会えたことがうれしかったです」とニッコリ。恥ずかしかったという人生初の“手ブラ”カットについても「きれいな写真なので、恥ずかしさは伝わってこないと思います(笑)」と照れながら語った。

 撮影にあたって体作りにも励み、「毎日寝る前に腹筋を100回はやりました。それをキッカケに筋トレが好きになり今では週3、4で筋トレを頑張っています」と告白。現在も「お腹は結構割れています」と自信をのぞかせた。お気に入りの写真は「ちょうどベッドの角に足をぶつけて痛がっているところだったのですが(笑)、カメラマンの中山さんがいいねと言ってくださり、痛がっている瞬間のリアルな感じの写真ですごくお気に入りです」と思わぬアクシデントからの表情だったことを明かした。

 写真集に点数をつけるならという質問に「100点です!」ときっぱり。「自分が納得する以上のものが作れたので100点にします。今後も写真集を出すことになったらその上を目指せるように120点、150点、200点出せるように頑張ります」と意欲を見せた。