人気グループTOKIOのリーダー・城島茂(48)が28日、都内で会見を行い、かねてから交際が報じられてきたタレント・菊池梨沙(24)と「きょう、代理人を通じて婚姻届を出させていただいた」と報告した。

【写真】城島茂が報道陣に手渡した手土産

 会見では、ダジャレを飛ばし、妻の母が年下であることを明かし、TOKIOの継続を宣言するなど、記者からの質問の手が上がらなくなるまで約1時間の質疑応答を続けた城島。「これまで以上に頑張っていきたいと思います。精進していきます。聞き逃したことないですか? なんでもありなので」と何度も確認してから、会見を終えた。

 その後、城島は出口に回ると、「きょうは、ありがとうございます」と報道陣一人ひとりを見送り、手土産を手渡し。中には結婚を報告するメッセージカードと、福島県浪江町で愛されてきた長岡家の生菓子に「感謝」と「J」の焼き印が入ったものが封入。日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画「DASH村」でゆかりのある福島県への、城島の思いが詰まった手土産となっていた。

 城島はジャニーズ事務所に入所後、1990年に結成されたTOKIOのリーダーに就任。94年に「LOVE YOU ONLY」でデビューし、同年から2017年まで『NHK紅白歌合戦』に24回連続で出場した。ソロでは俳優として『はぐれ刑事純情派』などに出演、バラエティー番組『愛のエプロン』MCとしても活躍。2014年には日本テレビ系『24時間テレビ37』でマラソンランナーに選ばれ、101キロを完走した。菊池との交際は、2017年に女性週刊誌が報じた。一時は破局も伝えられたが、愛を育んでゴールインとなった。