女優・モデルの堀田茜が30日、都内で行われた映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』(10月4日公開)公開直前イベントに登場。劇中では「嘘つき男」にビンタを連発する役で、“ビンタのプロ”としてこの日、プライベートで嘘をついたことを懺悔しようと集まった一般男性のファン、お笑い芸人の岡野陽一へビンタで喝を入れるつもりだったが、「懺悔をすれば堀田に会えてビンタもしてくれる」と喜ぶ彼らの姿を見て「これじゃ、(アントニオ)猪木さんじゃないですか…」と“闘魂注入”するアントニオ猪木化に嘆いていた。

【写真】岡野陽一に豪快にビンタをする堀田茜

 同作の主人公は、彼氏の浮気発覚をきっかけに婚活パーティーに参加した会場で、さまざまなタイプのハイスペックな10人のオトコたちと出会うヒロイン・桜井香菜(堀田)。しかし、その中の9人は嘘をついていた。恋愛をテーマにしつつも“嘘つきオトコ”を暴くという新感覚謎解きアプリ『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』を原作とした、オリジナルストーリーとなっている。

 初の映画主演を務める堀田はまず、映画公式ツイッターで募集した世の中の「嘘つき男」に映画と同様にビンタをすることに。応募した一般男性は、「出会いアプリは知らない」と彼女に伝えたが、実際は出会い系アプリを使用して違う女性と会おうとしていたことを堀田へ告白。これに対してビンタをする流れだが、男性は以前から堀田のファンだそうで司会者から「堀田さんからビンタされたかった?」と目的が違うのではと問われると「はい!」と満面の笑み。

 生々しいエピソードと反省の色が見えない姿に堀田はドン引きしながらも「映画も婚活パーティーが肝になっているので、完璧なエピソード」と笑いながら「この、嘘つき男!」と叫びビンタ。しかし、相手が一般男性ということもあって控えめで「不発感もあって悔しいです。バチーン!とやりたかったので、もう一度やりたいです」と不満げだったが、やられた方は「優しさを感じました…」と満足げな様子だった。

 そのあと、ギャンブルなどで膨らませた多額の借金がありクズ芸人として活動している岡野が登場。司会者から借金が800万円あると紹介されたが、「借金は800万円ではなく1000万円ですから!」とドヤ顔。

 この日来た理由について岡野は「嘘つきのエピソードを言えば、堀田さんにビンタをしていただけると聞いたので…」と明かすと、堀田は「猪木さんみたいじゃないですか…」と、先ほどの一般男性と同様にビンタを求められる姿が“アントニオ猪木”と重なり嘆いていた。