映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の関連商品が、公開に先駆けて10月から順次発売される。BANDAI SPIRITSからは、フィギュアやプラモデルが登場。完結するスカイウォーカー家の物語への謎が深まる中、最新作のデザインの人物や乗物が想像力を掻き立ててくれそうだ。

【写真】カイロ・レンとシス・トルーパーのフィギュアなど

 本格アクションフィギュアの「S.H.Figuarts」シリーズは、デジタル原型と立体インクジェットプリント技術をシンクロさせて再現度を高めた最新技術「魂のデジタル彩色」により実写そっくりに仕上げられた顔が特徴。新デザインのレイには、今作に初登場する新ドロイド「D-O」が一緒だ。カイロ・レンは、マスクに加えて素顔のヘッドパーツが付属し、シーンに合わせて付け替えてディスプレイを楽しむことができる。

 紅のスーツに身を包んだ最新のトルーパー「シス・トルーパー」のフィギュアもラインナップ。3種類のブラスターが付属する仕様で、さまざまなバトルシーンを表現して楽しめる。カイロ・レンと合わせれば『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の世界が広がること請け合いだ。

 「S.H.Figuarts レイ & D-O(STAR WARS:The Rise of Skywalker)」「S.H.Figuarts カイロ・レン(STAR WARS:The Rise of Skywalker)」「S.H.Figuarts シス・トルーパー(STAR WARS:The Rise of Skywalker)」はいずれも11月発売予定。

 『スカイウォーカーの夜明け』に登場するミレニアム・ファルコンを、全長約240ミリの1/144スケールで再現したプラモデル「1/144 ミレニアム・ファルコン(スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け)」(10月発売予定)は、新規造形の丸いアンテナがポイント。シリーズ中で何度も繰り返された改造の軌跡を、キットを組み立てることで体感することができる。さらに、コックピットに着座が可能なパイロットパーツには、「ポー・ダメロン」「フィン」の2種類が付属する。

 プラモデル「1/12カイロ・レン」(10月発売)は、修復された特徴的なヘルメットのひび割れを再現。ローブには不織布を採用することで、躍動感のある多彩な表現が可能となっている。残像バージョンのライトセーバーエフェクトが付属し、劇中でのさまざまなアクションシーンを再現できる。

 プラモデル「1/12 BB-8&D-O ジオラマセット」(11月発売予定)は、人気のドロイド「BB-8」と新ドロイド「D-O」のジオラマセット。「BB-8」には内部露出を再現するパーツも付属している。