歌舞伎俳優の尾上菊之助、中村七之助が9月30日、都内で新橋演舞場12月公演の新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』の制作発表会見に参加した。

【写真】初めて歌舞伎舞台化される『風の谷のナウシカ』ビジュアル

 映画監督の宮崎駿氏の代表作『風の谷のナウシカ』(1984年公開)を歌舞伎化。宮崎駿作品が歌舞伎舞台化されるのは初であり、スタジオジブリの関連作品歌舞伎舞台化も初となる。映画版では描かれなかった漫画原作全7巻を、昼の部・夜の部通しで完全上演する。

 江戸時代以来かもしれないという昼の部、夜の部の通し狂言。菊之助は主人公のナウシカを、七之助はナウシカと対をなすトルメキアの皇女・クシャナを務め、ユパ役は尾上松也となっている。

 スタジオジブリの鈴木敏夫代表取締役兼プロデューサーは「今回は原作を提供する。その原作が歌舞伎でどういう風になるか期待する立場。映画と違って非常に気が楽(笑)」とニヤリ。5年前から計画が持ち上がり、ようやく実現する運びとなった。鈴木氏は宮崎駿氏の反応も語った。

 過去に『ナウシカ』はハリウッドでの実写化の話もあったが頑として許さなかったそう。「宮崎にとって『ナウシカ』は1番、大事な作品。読んでいただくとわかるんですけど、本当に精魂を込めて自分の持ってる全てぶつけた作品。『ラピュタ』とか、そのほかいろんな作品を作りました。だけど、僕はそばにいてわかった。彼の中心にあるのは全て『ナウシカ』でした。『ラピュタ』をはじめ、彼は『ナウシカ』の一部を切り取って作品にしたものが多かった」と振り返る。

 思い入れの強い作品だけに断ると思ったというが「今回に限っては彼が『やろうよ』と言ってくれた」とリアクションを明かしていた。ただ、宮崎駿氏は2つ条件を出したそう。鈴木氏は「1つ『ナウシカ』というタイトルは変えないでほしい。2つ目は『記者会見は協力しないよ』と」と笑顔で語った。そして「期待してます。いい作品を作ってください」とエールを送っていた。

 菊之助は「歌舞伎ファン、ジブリファンを納得させられるように鋭意制作中です」と力を込めた。七之助は「『風の谷のナウシカ』をやると聞いて純粋に驚きました」と話し、一家そろってジブリ作品のファンであることを明かし「うちの兄(中村勘九郎)はナウシカが初恋の人なんです。本当です」とプチ暴露をしていた。

 原作ではナウシカが空を飛ぶところや、オームが大群が押し寄せるシーン、巨神兵の場面などがあるが演出のG2氏は「あくまで歌舞伎の手法にのっとってやりたい。今法の手法でなくて」と説明した。