興収150億円に迫る大ヒット中の『天気の子』は、東宝からスピンアウトして設立された新会社・STORYの制作プロデュース第1弾。『君の名は。』(16年)に続き新海誠監督とタッグを組む、代表取締役社長の古澤佳寛氏にSTORYの見据える未来を聞いた。

【夏休み映画ランキングTOP10】『天気の子』が1位、2位は『トイ・ストーリー4』

■クリエイティブに寄り添って企画を進めていきたい

――東宝から独立して新会社を立ち上げた経緯を教えてください。
古澤佳寛 もともとの僕のキャリアの話をさせてもらうと、前任者がいない仕事が多くて、ODS事業の立ち上げ後、12年に東宝内でアニメーション事業を本格的に立ち上げる責任者になりました。テレビシリーズや小規模映画からスタートしつつ、最終的にはジブリに続くようなオリジナルの大ヒット映画を作るのが目的でした。それが『君の名は。』によって思ったより早く実現できてしまって、次に何をやるべきか目標を少し見失ってしまっていたなか、よりクリエイティブ側に立った視点で映像企画をする形が模索できないかという思いが湧いてきました。そのためには、市場がダウントレンドな国内需要だけでは厳しい。海外事業を含め、インディペンデントで小回りが利く形ならよりいろいろなことにチャレンジができると思い、東宝の島谷能成社長に会社設立を相談させてもらいました。

――東宝から独立するメリットはどこにあるとお考えだったのですか?
古澤佳寛 よりクリエイティブの立場で企画を進めることができるようになりました。短期の収益を前提にした予算感とスケジュールでは、犠牲になる要素も出てきます。また、日本の映画業界の場合、完全に外に出てしまうと古巣とはなかなか仕事を一緒にしないケースが多いと感じますが、外部の立場で東宝とファーストルック契約を結ぶことにより、適度な距離感でこれまでの良い部分を活かしつつ、ゲリラ的なチャレンジもできるようになりました。

――クリエイティブの立場で企画を進めるというのは具体的には?
古澤佳寛 今は配信プラットフォームもいくつもあり、海外のお客さんにも一瞬でリーチできる世の中になってきています。その一方、時間をかけて映画館に来てもらって作品を楽しんでもらう古くからの映画の市場も、新興国を中心に拡大しています。良いクリエイティブを最適なメディアで観てもらう事が、よりクリエイターに近い場所で判断できるようになっていると思い、この会社ではより積極的に海外に出ていくことに注力しています。

■中国法人を設立しアジアネットワークを拡大

――具体的にはどのような取り組みを行っているのでしょうか?
古澤佳寛 今年に入って中国に子会社のSTORY CHINAを設立しました。現地の配給会社と組んで企画を進めている案件も複数あります。直近で言うと、中国で人気の高い映画『唐人街探案』のシリーズ第3弾を、日中合作の枠組みで日本で制作していて、来年1月に中国で公開予定です。前作は600億円ほどの興行収入をあげた作品であり、ここまで大規模な日中合作映画は過去にないと思います。足利市に渋谷のスクランブル交差点のセットを組んだり、僕らも驚くようなお金の使い方しています(笑)。

――中国は最重要市場という考えなのでしょうか?
古澤佳寛 まずはアジアという地域を最重要に考えていて、そのなかでも中国市場は巨大なので、必然的に中国が中心になってきています。もちろん、アジアだけではなく北米も意識にありますが、これまでの先輩方を見ていても、なかなか日本の作品を直接北米に持ち込んで観てもらうのは難易度が高いと感じています。

――企画自体も海外を意識したものになっていくのでしょうか?
古澤佳寛 世界の映画興収を見ると、日本は北米、中国に次いで第3位。中国はここ数年で北米を抜いて1位になります。アジアでは日本と中国が世界の上位を占めていて、今後もアジアは人口の伸び率が高い。そこで人気を博したものは、北米でも無視できないと思います。たとえば『君の名は。』の実写化も、日本と中国で大ヒットした事によって、ハリウッドを代表するJ.J.エイブラムスがプロデュースを務め、脚色を『メッセージ』の脚本を手がけたエリック・ハイセラーが担当します。その意味では、まずは日本でしっかり受け入れられるものを作ることが重要。一方で、中国で勝とうとした場合、中国の観客の気分を教えてくれる、クリエイティブがわかるプロデューサーがパートナーとして必要になると思っています。ひと昔前までは、日本の人気IPを中国に持ち込んでアニメ化すれば収益的に見えるところがあったのですが、いまは日本IPに金額が付きにくくなってきていて、そのやり方は通用しない。中国で人気のIPを僕らのやり方でおもしろく見せるか、中国でオリジナルを作るか……。どちらにしても、中国の市場を知っている人たちのサポートが必要なので、そういう人脈をどれだけ作れるかということにも注力しています。

――海外に市場を広げることで、クリエイターに還元できるという考え方は、閉塞感漂うアニメ業界には希望ですね。しかしカントリーリスクなど、海外との仕事は難しい部分も多いのではないでしょうか?
古澤佳寛 中国の配給会社との交渉でも、お互いの常識が違うので、その部分もしっかりと神経を巡らせています。日本もそうですが、中国でもクリエイターよりも出資者の方が立場が強いという考え方が根強い。北米などはクリエイターが強いのですが、それは市場が世界だからです。やはり国内だけで完結してしまうと、収益の取り合いになってしまう。市場が広がれば解決できることは多いと思っています。

――日本のアニメ業界の疲弊が叫ばれていますが、そこに一石を投じる動きになっていくのでしょうか。
古澤佳寛 パッケージ市場の縮小をはじめ、将来的にハッピーになりそうな明るい話題がいまのアニメ業界には少ないのが現状ですからね。10月期でもテレビアニメは50本近くあると聞きます。さらに今年はアニメ映画も多く、制作現場はより大変になっています。ヒット率が上がり、現場のクリエイターにちゃんと還元されるような状態になってほしい。僕らは少人数ですが「ここに良いルートがあるからみんなも来なよ」と言えるような開拓者になっていければと思っています。

■映画業界の垣根を取っ払うアニメシーンの開拓者へ

――共同で代表を務める川村元気プロデューサーは実写映画も手がけていますが、御社は実写の企画にも携わっていくのですか?
古澤佳寛 日本映画の実写は東宝で作ることになると思いますが、先ほどの『唐人街探案』も実写ですので、海外合作では十分あり得ると思います。企画を考える段階では、アニメにも実写にもなり得るという発想を持っていますので。

――会社として、年間の製作本数や日本と海外の収益比率など数値設定はあるのでしょうか?
古澤佳寛 とくにありません。企画自体は何十本もあるので、それを良いタイミングで出していければという考えです。今年は『天気の子』のほかにも、10月に公開の『空の青さを知る人よ』、テレビシリーズも10月期の『アズールレーン』に携わっており、結果的には年間数本になっていくと思います。国内と海外のウエイトも意識していません。

――動画配信サービスがシェアを拡大していますが、御社はメディアにはこだわらない?
古澤佳寛 映画には映画の良さ、配信には配信の良さがあるので、こだわりはないです。メディアとしてもぶつかり合わないと思っています。ただ、配信サービスは伸びてはいますが、コンペティティブな状態が崩壊したとたんに制作環境が悪くなる可能性もあるので、企画として偏りすぎない方が良いと思っています。

――新海監督とのタッグは今後も続くのでしょうか。
古澤佳寛 新海監督から断られない限り、一緒にやっていきたいですね(笑)。新海監督はキャンペーンの舞台あいさつでも「3年後にまた新作を持ってきます」と言っているんですが、現状はまだ企画は影も形もないです。とはいえ、トロント国際映画祭で監督と話したときも、「次の映画はもっといいものが作れる気がする」と言っていて、お客さんの声を聞きながら、とても客観的に『天気の子』を分析して次につなげようとされています。突出した才能を持ちながら努力を惜しまない。これが掛け合わさった人は見たことがないです。

――STORYという会社を、日本の映像界のなかでどんな位置づけにしていきたいですか?
古澤佳寛 現在スタッフは8人で、少人数でやれることは限られていますが、「この人たちと仕事をしたい」と思ってもらえるような企画チームになっていきたい。業界の慣習は一旦横に置いて、無邪気にいろいろなことに挑戦して、業界の垣根を取っ払っていくような事もできればと思っています。今までなかった市場が拡がることで収益が上がるのはとてもいいことです。エンタテインメント業界が明るく楽しくなっていければいいですね。
(文:磯部正和)