女優の戸田恵梨香が29日、滋賀県甲賀市信楽町の信楽高原鐵道信楽駅で行われた「スカーレットラッピング列車 出発式」に出席した。滋賀県の貴生川~信楽までの6駅をつなぐ14.7キロの信楽高原鐵道。沿線は歴史ある信楽焼の里となっており、NHKの連続テレビ小説『スカーレット』の舞台となったことで、ヒロイン・戸田のビジュアルを用いたラッピング列車が実現した。

【写真】車内も『スカーレット』模様にラッピング

 出発式で戸田は「撮影が始まったのが今年4月、あの頃は放送開始まで遠いなぁと思っていましたが、あっという間で、それだけ撮影が充実していたということだと思います。ラッピング列車がとてもかわいかったです。改めて、放送が始まるんだと、この列車とともに進んでいくのだなと実感し、ワクワクしています」と話していた。

 列車内には、戸田直筆のサインも。乗車した際にはぜひ探してみよう。なお、ラッピング列車の運行状況については、信楽高原鐵道(0748-82-3391)に問い合わせ。