女優の高畑充希が主演する10月9日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜 後10:00)のポスタービジュアルが完成した。全部で5種類のポスターは高畑の1ショットカットで、忖度できないばかりに傷だらけとなった主人公サクラを表現。なかでも鼻に綿を詰め、メガネがひび割れた衝撃的な姿を披露している。

【写真】パネルを持ちながらピースをする橋本愛

 同ドラマは、高畑主演で話題を呼んだ『過保護のカホコ』(2017年7月期)制作チームが集結し、高畑と脚本家・遊川和彦氏が再タッグ。過疎の離島で育ち、故郷に橋をかけるという夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できないサクラが駆け抜けた10年間を毎話1年ずつで描いていく。

 ポスターに描かれたキャッチコピーは、『バカがつくほど正直で忖度知らずのサクラと、その同期たちの夢追う10年記。』と『まっすぐすぎて傷だらけ だけどサクラは今日も咲く。』の2つ。30日から、山手線全駅や、渋谷駅山手線(新宿方面行き)ホームなどに掲載されている。