アイドルグループ・日向坂46の新番組『セルフ Documentary of 日向坂46』(月1回・最終日曜 後10:30)が、CS放送TBSチャンネル1で29日からスタートする。毎回メンバー3人がインタビューをし合って素顔を引き出す番組の第1回では、仕事でも休みでも一番一緒にいる」という佐々木久美と、高本彩花、東村芽依の仲良し3人が笑いと涙があふれる本音トークを繰り広げる。

【番組メイキング】日向坂46のメンバーが、メンバーにインタビュー

 毎回メンバー3人が、聞く役、答える役をローテーションしながらインタビューし、メンバー同士ならではの距離感で互いの本音に迫る“セルフ”ドキュメント番組。トップバッターの高本に対しては「一番好きなメンバーのにおい」「歌番組出演時の失敗談」などの質問が投げかけられるほか、最近の日向坂46の「空気感」に関する問いも。日向坂46誕生のきっかけとなった元欅坂46の長濱ねるとの歩みを振り返りつつ、シングルデビューの前と後での意識の違いについて考えを明かす。

 2番手はキャプテンの佐々木。何かと矢面に立たされる“キャプテン”という役割だが、これまで辞めたいと思ったことはないという。佐々木が自身の役割に見いだした自分の存在理由とは? 「自分にとって日向坂46とは何か?」との質問には、メンバー思いの答えに聞き手役の高本と東村も熱い涙を流す。

 東村はテレビ番組では口数が少ない印象だが、仲の良い2人と一緒だからか、序盤から“らしさ”がさく裂。自分の魅力について分析するほか、グループ加入後に感動したエピソードを披露。高本が「普段の感じが出ていた」と言うほど、東村の素顔があふれるインタビューとなった。

 番組ではメンバー同士のインタビューのほか、これまでの密着映像を通して日向坂46が歩んできた道のりと現在の思いも映し出す。番組は月1回、最終日曜日の午後10時30分から1時間、全6回または7回の放送を予定している。