BANDAI SPIRITSは27日、東京ビッグサイトで開催中の『第59回 全日本模型ホビーショー』(29日まで)で『ガンダム・センチネル』に登場するFAZZの『MG 1/100』をメカデザイナーのカトキハジメ氏完全監修により、19年ぶりに刷新することを発表した。

【画像】ランチャーパックなどを新規造形したパーフェクトストライクガンダム

 FAZZ(ファッツ)はZZガンダムのフルアーマーシステムなどを検証するために作られた検証用の機体。頭部にはZZガンダムと同じハイメガキャノンがあるように見えるが、試験機のためにダミーという設定などで愛されている。

 『MG 1/100 FAZZ Ver.Ka』(来年2月発売予定※1月に海外先行発売)はカトキ氏完全監修の元、2001年に発売した「MG 1/100 FAZZ」を19年ぶりに刷新。一部装甲には内部フレームを設け密度感のある造形を再現した。

 また、『PG 1/60 パーフェクトストライクガンダム』(来年2月発売)は、2004年に発売した「PG 1/60 ストライクガンダム」の本体外装の密度感や重量感のディテールを新規造形やエクストラフィニッシュ成形で表現。ソードパック、ランチャーパックを完全新規造形したパーフェクトストライクガンダムとなった。