お笑いコンビ・ダウンタウンがMCを務める、読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『ダウンタウンDX』(毎週木曜 後10:00)と人気漫画『バキ』シリーズのスペシャルコラボ企画「芸能人バキ化プロジェクト」の第7弾「バキ化芸能人」が、高須クリニック院長の高須克弥氏に決定。26日放送の同番組内で発表された。

【画像】バキ化で「まぼろし~の剣豪」になったIKKO

 同プロジェクトは、『ダウンタウンDX』という番組を、芸能人が持てるトークの“力”と“技”を真剣にぶつけ合う「話術闘技場(=トークバトル・コロッセオ)」と見立て、番組に出演する様々なゲスト芸能人が、闘技場に君臨する最強の巨人・ダウンタウンの2人にトークの力で闘いに挑んでいく姿を、漫画「バキ」シリーズの世界観で描いていくという企画。

 7月のプロジェクト始動以来、これまで、出川哲朗、丸山桂里奈、ガンバレルーヤ、小峠英二、須田亜香里、IKKOが「バキ化」を果たしたが、一旦の区切りとなる今回、高須氏を抜てきした。特徴は「揺るぎない信念と有り余る財力を持ち、自らのトークによる炎上さえも楽しむ美容整形の第一人者。骨延長手術でドバイの超高層ビルと同程度(約800メートル)まで身長を伸ばす事に成功した」。