声優の花守ゆみり、渕上舞が27日、都内で行われたアニメ『ラディアン2』試写会イベントに登場。互いの印象について語りつつ、渕上は「花守ゆみりだよ~」と小さな女の子を演じる機会が多い花守の声まねをして会場を笑わせた。

【全身ショット】花柄ワンピで登場した渕上舞とチェックパンツ姿の花守ゆみり

 同作は、魔法使いの少年・セトが、空からやってくる怪物ネメシスを倒すべく、ネメシスの巣と言われる伝説の地“ラディアン”を探す旅に出る冒険ファンタジーの第2シーズン。

 同じ事務所で共演経験は過去にもあるが、それほど多くはない2人。互いの印象について渕上は「小さい女の子のかわいらしさ、純粋無垢なかわいい声を出すキャラクターの印象があった」と明かしつつ「『花守ゆみりだよ~』みたいな」と突然の幼女ボイスを披露。

 これを聞いて花守は「ちょっと、やめてよ~」と顔を真っ赤にしながら止めに入り、渕上は「そういう偏ったかわいらしさのイメージがあったのですが、この作品で上から目線に聞こえるかも知れませんが『男の子できるんだ…』と。激しいバトルを繰り広げるので、のどの消費も激しいでしょうし、この作品を機会に印象がガラリと変わりました。若くてかわいい小さな女の子だけではなく、重みもある芝居をする役者さんなんだと思い、私も負けてられないと思いました」と演技を絶賛した。

 一方、イジられつつもベタ褒めされた花守は「舞さんは静かなイメージが先行していて、元気な女の子を演じることをあまり見たことがなかったので、『舞さんが、人の首を絞めている!』『舞さんが怒っている!』というギャップに驚きました。なので『こういう舞さんも好き!』と毎回思っていました」と伝えた。

 アニメはEテレで10月2日より毎週午後7時25分から全21話で放送される。