テレビ大阪制作・テレビ東京系で放送中の『二代目和風総本家』(毎週木曜 後9:00~9:54)のマスコット犬・豆助が、10月10日放送分から二十三代目にバトンタッチ。新しい豆助は、歴代の豆助の中で初めての白柴犬。白くて小さな二十三代目・豆助のかわいらしさに出演者一同メロメロだ。

【写真】二十三代目・豆助の小ささがわかる集合写真

 小さな体で階段の上り下りも、走るのも得意なアスリート犬。お昼寝よりも遊ぶことに一所懸命だ。庄田真人チーフプロデューサーは「数年前から構想していた“白柴”の豆助。満を持してデビューです。初対面の印象は“とにかく小さい”そして歴代屈指の“大物感”。撮影中も物おじせずスタッフ一同、安心して見ておりました。柴犬らしく“ちょっと茶色い耳”にもご注目下さい」と、アピールする。

 そんな豆助のかわいい仕草や日常の様子を紹介する番組『豆助日記』も誕生(テレビ大阪で10月13日スタート、毎週日曜 後9:54~10:00※TVerでも配信)。『豆助日記』には豆助よりお兄さん犬の太郎くんも登場する。

 番組は、「日本っていいな。」をテーマに、日本の素晴らしさを伝えていくバラエティー。前田吟が司会を務め、萬田久子、東貴博、鈴木福がレギュラー出演中。二十三代目・豆助が初登場する10月10日の放送は「もうすぐパレード 歩く!皇居周辺学~」と題し、10月22日の「即位礼正殿の儀」と、祝賀パレードにあたる「祝賀御列の儀」を前に、東京駅、皇居外苑、日比谷公園、帝国劇場、赤坂迎賓館など、パレードに訪れた際、知っておきたい皇居周辺の見どころや知られざる歴史をひも解く。