山田杏奈・大友花恋のダブル主演する、テレビ東京の木ドラ25『新米姉妹のふたりごはん』(10月10日スタート、毎週木曜 深1:00~1:30)に、モデル・女優として雑誌やドラマで活躍する田中芽衣と、ジュノンガールズコンテストのファイナリストをきっかけにデビューし、村上虹郎とダブル主演の映画『ソワレ』(来年公開)を控えている芋生悠(いもう・はるか)の出演が新たに発表された。

【写真】山田杏奈と大友花恋がクランクイン

 同ドラマは、「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWA)で連載中の柊ゆたか氏の同名漫画が原作。親の再婚を機に突然姉妹になった女子高生の サチ(姉)とあやり(妹)が “料理”をとおして心を通わせていく物語。生ハムの原木やラクレットチーズなど、「こんなの家で食べられるの!?」と驚く料理が続々と登場する。

 新たに発表された田中は、サチ(山田)の幼なじみで同級生・絵梨役。姉御肌で料理上手という役どころ。芋生が演じるのは、あやり(大友)の同級生・なお役。文系女子であやりの初めての友達となる。2人のコメントは以下のとおり。

■田中芽衣のコメント

 ご飯をきっかけに姉妹の絆を深めていくサチとあやりの関係にちょっとだけジェラシーを感じながらも、優しいあやりの「ごはん」のパワーで変わっていくサチを近くで見て絵梨も温かい気持ちになりました。3人でおいしいものを食べるシーンも本当に楽しく撮影しています。そしてたまに出てくるかわいいお菓子にも注目してみてください。毎週深夜ホッと温かい時間をお届けできますよう、頑張ります!

■芋生悠のコメント

 おいしいごはんが人と人を紡いでいくストーリーに、心が段々と解れていく感覚で原作を読ませていただきました。何より新米姉妹の温かさはかなり見所になるんじゃないかと思います。私は、なおとしてその温かさに触れることができることにワクワクしています。皆さまもぜひ、寝る前に家族や友人とともにちょっぴり至福の時間を楽しんでいただけると幸いです。