ジャニーズ事務所のCDデビューしていない、奇跡の4人組・ふぉ~ゆ~の福田悠太と辰巳雄大がコンビを組み、「つ~ゆ~」として『M-1グランプリ2019』にエントリー。きょう26日に大阪・朝日生命ホールで開催された1回戦に出場した。ジャニーズ事務所から初参加、当の2人にとっても初めての漫才だったが、「ジャニーズあるある」のオリジナルネタと、舞台で培った“表現力”と“話術”で、会場を盛り上げ、見事初戦を突破。2回戦に進出することが明らかになった。

【写真】予選はウーマン中川&チェリー吉武のコンビも突破

 出番を終えた直後、辰巳は開口一番、「来年のエントリーを決めました! やり終えた満足感よりも、練習ではもっとうまくできたのにという気持ちと、初めてお客さんに見てもらった快感も味わってしまいましたので…、来年もチャレンジします!!」と、1回戦を突破する自信はなかった模様。自己採点も「1回戦を通れば『100点』、落ちれば『0点』です」と話していたほど。

 福田も「緊張しました! 出場を決めた時はワクワクして、楽しんでやるぞという気持ちだったのですが、出番が近づくにつれて、緊張が増していきました。今は一旦ホッとしています。(自己採点をすると)1回戦、偉そうですが芸人になったつもりで、本気で挑みましたので、『20点』ですが、ジャニーズ的には『100点』です!」と、コメントしていた。

 厳正な審査の結果、1回戦を突破。「2回戦も、その次の3回戦も、一つひとつ狙っていきます!」(福田)、「僕らにしかできないネタがまだまだありますので、ぜひ観ていただきたいですね」(辰巳)という言葉も残しており、2回戦のネタにも期待が高まる。

 漫才日本一を決定する『M-1グランプリ2019』は、全国各地で1回戦が開催中。令和初のM-1王者は一体誰になるのか? 決勝は、12月、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送される。