TBS系の朝の情報番組『ビビット』(月~金 前8:00)が27日、最終回を迎えた。2015年4月にスタートした『白熱ライブ ビビット』時代から4年半にわたってメインMCを務めてきたTOKIOの国分太一(45)ら出演者たちが、視聴者に感謝の思いを伝えた。

【写真】30日からは立川志らくがMCの新情報番組『グッとラック!』がスタート

 番組エンディングでは、国分とコンビを組んできたMCの真矢ミキ(55)が「太一さんの右にいない人生なんてどうしよう。明日から生きていけるかしら」としみじみ。「本業が役者で、強い役が多いので、街で声かけられることってなかったんですけど、『ビビット』やって本当に色んな人に話しかけていただいて。本当に視聴者の方、ありがとうございました」と晴れ晴れとした表情で感謝を述べた。

 そんな真矢から「何よりも太一さんのお人柄がこの番組をつくりました」と向けられた国分は、“1162回”と書かれた最後の台本を見せ「4年半ありがとうございました。1162日、皆さんの生活にちょっとお邪魔させてもらうことができたのかな」と回顧。

 また、「個人的なことを言いますと、この4年で結婚をし父親にもなりました。うちのメンバーのことでお騒がせしたこともありました。そして、ジャニーさんが亡くなるということもありましたし、そのなかでこの4年半というのは本当にたくさんの経験をさせていただき、今後もこの経験をいかして突っ走っていきたいと思います」と語っていた。

 30日からは、落語家の立川志らく(56)がMCを務める新情報番組『グッとラック!』(月~木 前8:00~10:25 金 前8:00~9:55)がスタートする。