デビュー20周年を迎え、8月14日にニューアルバム『Let’s GOAL!~薔薇色の人生~』を発表したほか、本年はアジア3ヶ所のほか、国内ツアーを精力的にこなす倉木麻衣。あまり着目されるケースが少ないが、倉木というアーティストの特徴の1つが、一度も途切れることなく第一線で活動を続けている点だ。なぜそれが可能だったのか、倉木のチカラ、魅力を探るべく改めてアンケート調査を実施した。その結果からは4つのキーワードが浮かび上がってきた。

【ランキング】倉木麻衣の好きな楽曲ランキング 1位は「Secret of my heart」

■(1)途切れることのない第一線での“息の長い活躍”ぶり

 まず、倉木麻衣のこれまでのシングルを振り返る。1999年に「Love,Day After Tomorrow」でデビューすると、最高2位を獲得、累積売上138.5万枚のミリオンセールスを記録した。翌2000年には「Stay by my side」「Secret of my heart」で、立て続けにヒットを送り出すと、それらを収録したアルバム『delicious way』は累積売上353.0万枚のトリプルミリオンのビッグヒットを記録。一気に音楽シーンにその存在を知らしめた。

 ただし、特筆すべきはその後にある。倉木は初期シングル3作だけに留まることなく、今日に至るまでコンスタントにシングル・アルバムを発表。CDシングルだけを見ても、デビューから、最新シングル「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」(2019年3月発売)まで、すべての作品をTOP10内に送り込んでいる。

 今回、全国の10~60代男女に対してインターネット調査を実施し、倉木の認知度やイメージ等を調査したところ、現在の倉木の認知度は、男性で97.4%、女性98.9%(図2)。このように、10代から60代で知らない人がいないほどの国民的アーティストへと成長した要因には、上記したような息の長いアーティスト活動がある。

 さらに、倉木への好意度を調べてみると、男性では20代から50代以上で、3割以上が好意を示す一方で、女性層では20代から30代で高い傾向も(図3)。性別・世代を問わず、幅広い層から支持を得ていることもわかった。性別や世代を超えて愛される存在であることも、倉木の大きな特徴の1つであろう。

■(2)「名探偵コナン」とのコラボレーション

 また、第一線での活躍を支えているもういつの要因に、「名探偵コナン」との“幸せな関係”がある。

 倉木と「名探偵コナン」のかかわりは、2000年に発売された2ndシングル「Secret of my heart」までさかのぼる。同楽曲がテレビアニメのエンディングテーマに起用されると、その後は、劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』の主題歌「Time after time ~花舞う街で~」(2003年)など、数々の劇場版アニメの主題歌を担当。2019年春には2週連続で放送された1時間スペシャルアニメ「紅の修学旅行(鮮紅編・恋紅編)」の主題歌&オープニングテーマ「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」「薔薇色の人生」も担当するなど、約20年にわたり倉木とコナンのコラボレーションが続いている。

 さらに今回、好きな倉木の楽曲を聴いたところ、デビュー最初期の「Love, Day After Tomorrow」「Stay by my side」「Secret of my heart」の3曲のほか、「渡月橋 ~君 想ふ~」(2017年4月発売)、「Time after time ~花舞う街で~」(2003年3月発売)が上位5作品のなかにランクインした(表1)。これらの楽曲はどちらも劇場版「名探偵コナン」シリーズの主題歌だ。

 好きな理由を尋ねると、「『劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌』の世界観にとても合っている」(10代女性)、「コナンの映画を観に行き、この曲が流れた瞬間好きになった」(20代男性)[※ともに「渡月橋 ~君 想ふ~」]や、「映画館で名探偵コナンの映画を見ていた時にこの曲が流れた時、衝撃を受けるくらい良かった」(30代男性)、「雅な感じの曲調が大好きなのと、主題歌だった名探偵コナンの内容に合っていてとても素敵」(40代女性)[※ともに「Time after time ~花舞う街で~」]といったように、同アニメと楽曲の世界観の親和性の高さが、アニメ、楽曲ともにファンの熱量を倍増させていることがわかる。

 こうした「名探偵コナン」と倉木の長きにわたるコラボレーションは、2017年には、「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」として、ギネス世界記録にも認定された。単なるコラボレーションではない、ファンにとっても、アニメ作品にとっても“幸せな関係”が、倉木の20年にわたる息の長い活躍を支え、「名探偵コナン」の変わらぬ人気ぶりを後押ししているとも言える。

■(3)変わらぬ“透明感”と大人の女性への進化

 では、ファンは倉木のどんな点に最も惹かれているのか、「好きなところ」を調査したところ、約8割が「声・声質」を挙げた。また、以降は、「メロディー」「歌の上手さ」「容姿・ルックス」「歌詞」「雰囲気」などが続いている(図4)。

 デビュー時から倉木を形容する言葉として“透明感”を用いるケースが多いが、それを最もよく表しているのが、彼女の“声質”である。その独特のボーカルは、「メロディー」を際立たせ、「歌詞」をしっかりとリスナーに届かせる。それに加えて、「容姿」や「雰囲気」もまた、彼女独自の“透明感”をまとっている。それは16歳のデビュー時から、今年で37歳になる現在に至るまで、まったく変わっていない。倉木というアーティストに通底している“透明感”こそが、世代を超えて多くのファンを魅了する要因であると言えるだろう。

 ただし、「変わらない透明感」だけをもって、倉木の魅力を語るのは早計だ。

 次に、「初めて倉木を知った頃のイメージ」と「現在のイメージ」の変化を探った。これを見ると、おそらくデビューから倉木を知るファンにとっては、当時はメディア露出も極端に少なく、「ミステリアス」な存在というイメージが強かったようで、同項目が47.0%を占めた。ところが、現在のイメージでは「ミステリアス」は11.1%まで下がり、その一方で「女性らしい」(13.4%→32.6%)、「明るい」(1.5%→11.6%)、「親しみやすい」(5.2%→14.4%)といった項目が上昇している(図5)。

 これらは、倉木が20年のキャリアを重ねていくなかで、“大人の女性”が醸し出す、美しさやゆとり、しなやかさを身につけていったことを示唆している。こうした女性としての成長もまた、アーティスト・倉木麻衣の現在の魅力の1つと言える。

■(4)アジアを中心とした“海外”への飛躍

 最後に、倉木と言えば、アジアを中心とする海外での活躍ぶりも忘れてはならない。倉木は、今年7月から8月にかけて、北京、深セン、台湾の3ヶ所を廻るアジアツアーを実施。各所で大成功を収めた。すでに恒例になっている空港でのファンのお出迎えは今回も見られ、各地で多数のファンが倉木を迎えるために詰めかけた。

 日本の音楽業界では近年、中国市場への進出が本格化しているが、そうしたなかにおいても、アジア地域ですでに多くのファンを持つ倉木は稀有な存在ともいえる。

■友達や子供、親との思い出とともに刻まれる楽曲

 このように、4つのポイントから倉木麻衣の魅力を探ってきたが、同調査を通じて気づいたのが、ファンが自身の思い出とともに倉木の楽曲を語るケースの多さだ。

「部活の合宿の時にプールサイドで良く流れていた曲で青春の1ページ」(30代女性)
「お昼の校内放送ではいつも流れていた。友達と練習してよく歌った」(30代女性)
「コナン君の曲で、子育て中に子どもと一緒に見始めて、毎週聴くのが楽しみだった」(50代女性)
「母の運転する車で何度もかかっていて子供ながらにいい曲だと思った」(20代女性)

 このように、学生時代の友達や、子供、母親との記憶とともに倉木の楽曲が多くの人の心に刻まれている。実はこんなところにこそ、彼女が支持され続けるヒントが隠れているのかもしれない。倉木独自の透明感のある歌声や、楽曲自体のクオリティーの高さ、コラボする「名探偵コナン」との親和性など、倉木の魅力は多々あれば、結局は「聴く人の心に思い出とともに刻まれる」という、歌の力こそが最大の魅力なのかもしれない。

[調査概要]
調査対象:全国10~60代男女 
サンプル数:総回答数 4584名
調査期間:2019年9月6日(金)~12日(木)
調査手法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ