俳優の山崎育三郎が、フジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』(月~金 前5:25)の10月マンスリーエンタメプレゼンターに初挑戦することがわかった。山崎が同番組にスタジオ生出演するのは初めて。「自分にできることに挑み、番組を少しでも盛り上げたいです。これを機に、早寝早起き、規則正しい生活を送ります」と背筋を正してコメントしている。

【写真】ド派手衣装で女装!ドラァグクイーン姿の山崎育三郎

 『マンスリーエンタメプレゼンター』は6時台のエンタメコーナーをはじめ、『イマドキ』、『めざましじゃんけん』、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCの一人として番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、さまざまなエンタメニュースを伝える。山崎の出演日は8日、15日、22日、29日となる。

 「軽部アナの蝶(ちょう)ネクタイ。そして学生時代は、明るいスタジオから笑顔あふれる皆さんに励まされ、眠たい目をこすりながら登校していた事を思い出します」と番組の印象を語る山崎。オファーを受け「子供の頃から見ていた『めざましテレビ』の一員になれることがうれしかったです。普段お世話になっている軽部アナの力になれればと思い、即決で(出演を)決めました」とやる気をにじませている。

 チーフプロデューサーの高橋龍平氏は「去年『めざましライブ』で美声を披露、“日本つながるプロジェクト”では京都の街を疾走! すでにめざましファミリーとしてさまざまな企画に参加してくれている山崎育三郎さんが、満を持してエンタメプレゼンターを務めることになりました。ミュージカル界にとどまらず、マルチに活躍する育三郎さんが、エンタメプレゼンターとしてどんな情報を発信してくれるのか。ご期待下さい」と起用理由を明かしている。