元TBSアナウンサーの田中みな実、現・テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香が、テレビ朝日系バラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』(27日 後11:15~※一部地域を除く)で初対面にして初共演。“あざとい界の二大巨塔”と言っても過言ではない2人が、世の中にはびこる“あざとい女”をテーマに、言いたい放題にトークを繰り広げる。

【写真】”あざといポーズ”で撮影に応じる田中みな実&弘中アナ

 番組は、お笑い芸人・山里亮太(南海キャンディーズ)を加えた3人で進行。事前に20代~40代までの男女650人に対して「良くも悪くも“あざとい”と思ったor思われた言動」についてアンケート調査を実施し、その実例を凝縮した再現VTRを3人がチェック。「これはあざとい!」と思った瞬間にすかさず手元の「あざといボタン」を押して物申していく。

 再現VTRでは「あざとい動きで魅せる女」「あざとくズラす女」など、飲み会や合コンでよく見かける“あざとい女”が続々登場。田中と弘中アナは「これは絶対わざと!」「このあざとさは許せない!」と名探偵ばりの鋭い指摘で手元の「あざといボタン」を連打しまくり。

 さらに、「こういう子ってただただチヤホヤされて自分が合コンの中で1番になりたい子なんだと思う」、「これ使えるの25歳までだよね。これ30代すぎてやってると本当にちょっと大丈夫なのかな?って思っちゃう」、「私ちょっと一番苦手なタイプかも」、「自称サバサバ系女子!が一番タチ悪い」、「お父さんと仲良いアピールする女は要注意」など、“あざとい女”の生態を次々と分析&糾弾していく。

 同じ女だからこそ分かる、“あざとい女"のちょっとした仕草や言動に、片っ端から反応する2人。その姿を見た山里は「”あざとい“を見つけてからボタンを押すまでのスピードが百人一首の全国大会…!!」と、圧倒されるばかり。男性が気付かない、“あざとい女”の巧妙なテクニックが次から次へと明らかになる。

 しかし、その中には「(これは私も)やっちゃってる」と田中が思わず自身の“あざとさ“を認めてしまうテクニックも。そこで、田中が私生活で男の人を落とすために実践しているという、とっておきの“あざといテクニック”をスタジオで山里相手に特別披露。山里が「田中みな実すげぇええええ!」と、絶叫する驚異の“あざテク”は必見だ。

 さらに、話題は弘中アナのInstagramへ。すると田中が、弘中アナが投稿したある写真が気になると言い出し、「これはどうして投稿したの?」「かわいいと思ったんじゃないの?」などと弘中アナを問い詰める事態に。思わずタジタジになった弘中アナが絞り出した返しが、火に油を注いでしまう!?

 いずれにしても収録は無事に終わり、田中は「思いっきり自由に収録を楽しめたのは、焚き付け上手な山里さんのおかげです。『私はあざとくないです!』と頬を膨らませて言い張る弘中ちゃんの天性のあざとさに感服!(笑)」。

 弘中アナも「企画書をもらい、このメンバーとテーマを見たときに、正直言って震えました(笑)。山里亮太さん、田中みな実さんお2人とも初対面でしたし、この座組みで何が話され、何を言われるのだろうと、かなり不安に思いました。しかし蓋を開けてみると、腹の底の底で通じ合うものがあるのか、トークが盛り上がること盛り上がること。私の心配も杞憂に終わり、かなり見応えのある番組に仕上がったと思います! 第2弾を切に願います!」と、自信たっぷりだった。