俳優・堤真一とお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がW主演する映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)から、同作で流浪の剣豪を演じる関ジャニ∞の横山裕が、堤や岡村ら赤穂浪士たちと凛々しく並び立つ場面写真が解禁になった。

【場面カット】岡村隆史と堤真一が言い争い?

 原作は東大教授・山本博文氏による新書『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。内蔵助が残した決算書をもとに討ち入り計画の実像を記した作品。メガホンを取るのは『殿、利息でござる!』(2016)、『忍びの国』(17)など近代時代劇を手掛けている中村義洋監督。堤が赤穂浪士・大石内蔵助、岡村は内蔵助を支えた勘定方・矢頭長助を演じ、“予算”と“関西弁”を切り口にした史上初の忠臣蔵が描かれる。

 さらに、内蔵助の軍師役に妻夫木聡、赤穂藩主・浅野内匠頭を阿部サダヲ、その妻を石原さとみ、内蔵助の妻を竹内結子、赤穂浪士役として橋本良亮(A.B.C-Z)らが出演するほか、お笑い界からも、西川きよし、桂文珍、木村祐一らが参戦する。

 今回解禁になった写真は、横山演じる剣豪・不破数右衛門(ふわ・かずえもん)のほか、濱田岳演じる毒見役として藩に仕えていた大高源五(おおたか・げんご)、小松利昌演じる貝賀弥左衛門(かいが・やざえもん)、沖田裕樹演じる三村次郎左衛門(みむら・じろうざえもん)と、内蔵助と長助の6人の同士たちが並び、志をひとつにする彼らが何か吹っ切れたかのような晴れやかな笑みを浮かべているのが印象的な1枚だ。

 堤は「撮影はとにかく、楽しかった。いろいろなジャンルの役者さんだったり、芸人さんだったりがそろって同じ現場にいる。こんなに面白くて、豪華な環境の中で演っているという楽しさがありました」と撮影を振り返っている。