俳優の佐藤健(30)、鈴木亮平(36)、松岡茉優(24)、佐々木蔵之介(51)、音尾琢真(43)、白石和彌監督(44)が25日、都内で行われた映画『ひとよ(一夜)』ジャパンプレミア試写会に登場。アクションシーンについて話題となり、年下の佐藤と松岡から飛び蹴りや叩かれた佐々木は「かなり叩いていたけど大部カットされていました。はたかれ損だったかも」と嘆き。佐藤の飛び蹴りについて松岡は「『剣心~』と思いました」と『るろうに剣心』並みの動きだったと明かした。

【写真】柔らかい笑顔で手をふる松岡茉優

 原作は『鶴屋南北戯曲賞』『読売文学賞戯曲・シナリオ賞』などを受賞した劇作家・桑原裕子氏が率いる“劇団KAKUTA”の同名の代表舞台作品。15年前、ある家族に事件が起こり、母と子どもたち3兄妹の運命が狂ってしまい別の人生を歩み、再会を果たし、葛藤と戸惑いの中、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける物語。佐藤、鈴木、松岡は3兄妹として登場する。

 そんな中、佐々木が演じるのはタクシーの新人ドライバー役。自身の年齢が51歳ということもあり「51歳でタクシーの新人ドライバー…、闇が深いじゃないですか」と嘆き。

 三兄妹との絡みも多く、松岡は「映画で私はスナックの店員役なのですが、新人ドライバーの佐々木さんに家まで送ってもらうシーンがあるのですが、そこで佐々木さんの髪の毛をグチャグチャにしたり叩いたりと、先輩の頭をペンペンはたく日がくるとは…」と忘れられないシーンを告白。

 大人しそうな見た目の佐々木が「怒っていないか心配」と話すと、佐々木は「心地よかったですね~、もっときても良かった。ただ、かなり叩いていたけど大部カットされていました。はたかれ損だったかも」と気にしていないと言いながらも苦笑いを浮かべていた。

 すると佐藤も「忘れられない夜がありまして…」と切り出し「蔵之介さんに全力飛び蹴りをするという…」と松岡同様に佐々木とのアクションシーンを説明。

 「台本にも書いてあるのですが、アクションシーンは巧妙なテクニックでカット割りなどを計算する。そういったプランがこの撮影にはなくて、あれはアクションシーンではなくただの暴力なんです!」と明かすと会場は爆笑。

 そんな暴力シーンは「『すみません』と言ったら、『いいよ、全然きて』と快く言っていただき…、あの時はありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えると、佐々木は「心地よかったです」と笑っていた。

 そのシーンについて松岡は感動する場面があったそうで「殺陣の先生が一言程度指導したら、目の前の佐藤さんが飛んで行った。だから『あ~、剣心~』と思いました」と佐藤の代表作の映画『るろうに剣心』並みの動きだったと明かすと佐藤は「剣心はあんな雑な飛び蹴りをしないから! 華麗だから!」とツッコミをいれていた。