人気グループ・Sexy Zoneが、28日発売のファッション誌『MORE』11月号スペシャルエディション「Sexy Zone 表紙版」で初めて表紙を飾った。(※表紙は付録がつかないスペシャルエディションのみ)。

■Sexy Zoneの作品一覧

 2019年4月号から同誌で「セクゾトイロハニホヘト」を連載中のSexy Zone。同連載でしか見られない表情やプライベートが垣間見えるインタビューが好評で、回を追うごとに人気が高まっており、連載が半年を超えたタイミングで、初めて『MORE』の表紙を飾ることになった。

 メンバーを代表して、中島健人は「全員で楽しく中ページの特集の撮影した後の表紙撮影だったからか、リラックスして撮影にのぞめて……すごくよい感じだったんだよね」と振り返り「今の僕らの、自然体なムードがこの表紙に出ている気がします。よくある王道のアイドルの表紙っぽくない、この引きの感じもすごい好き。ベージュのコーデとMOREの赤いロゴの組み合わせも、秋を告げる感じで……。このMORE11月号から、秋の本格的幕開けってことだね」とコメント。

 マリウス葉は「あの撮影の日は、みんなで集まるのが久しぶりで。それだけでなんだかうれしくなっちゃって、本当に楽しかった。表紙ではキメた顔しているけれど、実は撮影中、みんながいるうれしさでニヤニヤしちゃって。それをこらえるのに必死だったの(笑)」といい「これ、キメてるんじゃなくてニヤけをこらえている顔です(笑)」と明かした。

 中ページでは、連載拡大版として10ページのSexy Zone特集を掲載。テーマは「チーム」。今年デビュー8 周年を迎える彼らが、8年間の中で築き上げたチームワーク論から顔を合わせると照れくさくて言えないメンバーへの思いまで、たっぷりと語る。

 なお、10P特集は、スペシャルエディション「Sexy Zone表紙版」だけでなく『MORE』11月号「通常版」、「付録別色版」にも掲載されている。また、同日発売の『MORE』11月号「通常版」と「付録別色版」の表紙は女優の川口春奈。同号にはほかにも同誌初登場のKoki,や田中みな実が美容特集に登場する。