俳優の斎藤工が26日、都内で行われた日本テレビ系スペシャルドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理2019』(29日放送、後10:30)のファン感謝イベントに参加した。この日は斎藤演じる犯罪学者・火村英生の相棒で推理作家・有栖川アリスを演じた窪田正孝からの手紙を、脚本家のマギーが代読。読み終えると、斎藤は「ありがとうございます。そして、おめでとうございます」と先日、女優の水川あさみと結婚したばかりの窪田をスマートに祝福した。

【インスタ写真】窪田正孝&水川あさみ“夕焼け2ショット”

 2016年1月に連ドラとして放送されたミステリードラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』が3年半ぶりに復活。推理作家・有栖川有栖の27年続く原作シリーズをもとに究極の犯罪を追求する火村と、ときに的外れな推理を繰り出しつつ危なげな火村の保護者も自認するアリスが複雑怪奇なトリックを解き明かす。

 手紙では窪田が「久々にアリスになれるか不安要素もあったけど、工さんとせりふを交わすと怖くなるくらい自然と感覚が戻ってきた。無事完走できたのも兄ちゃん的存在の工さんがいてくれたからこそ」と感謝。さらに「マギーさんの脚本の世界で自由に謎解きをするのが火村英生。でもマギーさん。さすがに今回は火村に長ぜりふをしゃべらせすぎちゃいますか?」とまさかのクレームで会場の笑いを誘った。

 また、斎藤が現場で共演者の写真を自らカメラで収めるメイキングを上映後、これまでに撮影した窪田をはじめとするキャストの22枚ものモノクロ写真たちが一枚のパネルとなって登場。なかでもキリッとした表情の窪田の一枚に、マギーが「3年前のかわいさから、明らかにすごみがでた」と感心すれば、斎藤も「分厚くなりましたよね。めちゃくちゃ感じました」とうなずいた。

 さらに「物語の肝となるシーンをつくる上で、作品を正しい方向に導いてくれたのは窪田正孝。全体を見ていて、自分がどうというより、ここはこうなんじゃないかという視点が多角的。何度も救われました」と賛辞を送り、「参っちゃいますよ…。スペックに」と完敗宣言。一方でマギーから、自らについて前作と比べ「優雅になった」と指摘された斎藤は「広告の仕事が増えて生活水準が上がったから?」とリップサービスし、不敵な笑みを浮かべた。

 撮影での窪田との思い出について斎藤は「結構笑い上戸。僕の言ったことで笑ってくれたと思うと、この笑いを持続したいって思うんです。取材とかで絶対言っちゃいけないことを僕が言うと笑ってくれる。そうすると大人の目線がキツイ空気が流れるんですけど、あの感じが好きでした。イチャイチャしてました。ひたすら」と仲むつまじい2人の関係性を明かして、久々の復活を喜ぶファンをさらに笑顔にしていた。