女優の芦田愛菜とお笑いコンビのサンドウィッチマンがこのほど、10月12日から放送のテレビ朝日系バラエティー番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(毎週土曜 後6:56~)のMC囲み取材に出席。ゴールデン番組のレギュラーMCを初めて担当する芦田に対し、伊達みきおは「『10年くらいやっているのかな?』と思うくらい完璧でした」と太鼓判を押した。

【写真】ゴールデン番組のレギュラーで初MCを担当する芦田愛菜

 同番組は、色んな業界で話題を集める天才少年・少女たちが“博士ちゃん(先生役)”となり、サンドウィッチマンに特別授業を行うバラエティー。これまでに2回特別番組として放送され「あまり知られていない野菜を愛するマイナー野菜博士ちゃん」や「世界遺産をこよなく愛する博士ちゃん」たちが登場している。

 芦田のMCを絶賛した伊達は「老舗の番組にお邪魔した感じ。僕らがついていきたいくらいです」とあらためて称えると、富澤たけしは「MCをうまくやろうとするよりも笑ってくれるほうが良い。もっと気楽にやってもらえたら」とアドバイスを送った。2人のコメントに感謝をした芦田は「どのタイミングで話を切ればいいのか、いつも悩んじゃうんです」とまだ試行錯誤の中で務めていることを振り返っていた。

 また、自分たちが子どものころに打ち込んだことを聞かれると、伊達は「お小遣いは全部キン肉マンに使ってました。キン消し(キン肉マン消しゴム)です。これの知識は誰にも負けない自信ある」とかなりハマったことを明かし、芦田は「本が好きなんで、小さいときから読んでました。歯を磨きながらでも読んでいたので、いつも母に怒られてましたね」と笑顔で回想していた。

 番組について「手応えしかない」と語った伊達は「親子揃ってどの世代でも観られる番組だと思います。新たな土曜7時が始まりますよ」と自信たっぷりに語り、芦田は「みなさんにも笑顔で楽しんでもらえる番組になればなと思います」と話した。一方の富澤は「厳しい時間帯だと思います」と難しい表情を見せ「どう風穴を開けられるか。そこは愛菜ちゃんにかかっていると思います」とプレッシャーをかけ、キャストと報道陣の笑いを誘っていた。