お笑いトリオ・ジャングルポケットが26日、都内で行われた『Yahoo!ネット募金』15周年企画『53億円募金箱』のお披露目式に出席。千葉県出身の斉藤慎二は、実家の無事は確認したものの「屋根が飛ばされた親戚の家もあって。2日に1回くらいは母親と連絡をとってます」と頻ぱんに連絡を取っていることを明かすと、太田博久が「(斉藤が)ママって呼んでるんですよ」とマザコンっぷりを暴露した。

【写真】500円硬貨が53億円分入る募金箱を設置

 斉藤は慌てて「ちょっとマイク下げてもらっていいですか」と報道陣に要望すると、会場は笑いに包まれ「本当に(母親と)仲が良いんですよ。この生活がどれだけ幸せなのか、かみしめないといけないですね」と話した。

 さらに、8年前の東日本大震災のときには「吉本の本社でみんなで集まって募金をしました」と斉藤が振り返ると「この先も災害などで被害に遭われることがあると思う。53億円というこれだけの金額が寄付されているので、自分も寄付ができるような人間になっていきたいです」と語っていた。

 この日は、フリーアナウンサーの小林麻耶も登壇。もし53億円を手にしたらと聞かれ、太田が「少しでも困っている方に使いたい」と先陣を切ると、小林も「私も全額募金して困っている方を助けたい」と言うも、太田が「目のキラキラが嘘くさく見える」とツッコミ。この質問に、おたけは「田園調布とかに土地を買いたいですね。土地を転がしたい。あとは“おたけアイランド”というテーマパークを作りたい」と欲望をむき出しにすると、斉藤から「きょうは真面目なイベントだから!」とダメ出しをくらっていた。

 『Yahoo!ネット募金』はクレジットカードだけでなく、Tポイントを活用して1ポイントから手軽に寄付ができるのが特徴で、これまで延べ900万人から寄付があり、総額は53億円に到達した。ヤフーでは、これまでの感謝を伝えるとともに、インターネット募金のさらなる周知を図るため、500円硬貨が53億円分入る募金箱を29日まで同所に設置する。