千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが26日、都内で行われたゲーム『ライザのアトリエ』の完成発表会に出席。台風15号により甚大な被害を受けた千葉県の人たちに向けて「千葉のみんながんばっていくなっしよー! みんな千葉に遊びに来てなっしな! それが何よりの支援なっしー!」と呼びかけた。

【写真】”大親友”ふなっしーとじゃれ合う神田沙也加

 ふなっしーは今回の台風の被害について触れて「梨園でも梨が落ちてしまって被害が出たり、南房総に住んでいる方はご自宅が半壊したり、みなさんすごく大変な思いをされています。いち早く普段の生活が取り戻せるように、協力できたらいいなと思ってますなっしー」と溢れんばかりの千葉への愛を語った。

 また、今だから言えるふなっしーの秘密について聞かれると「昔、武道館のステージから落ちてしまったなっしー。大丈夫と言っていたんだけど、次の日立てませんでした」と笑い「冷蔵庫とトイレとベッドだけを行き来してたなっしなー」と当時の苦労を回想した。

 また、イベント内で学生時代のほろ苦い経験を聞かれたふなっしーは「小なし時代に、女の子っぽい梨がザリガニを見たことないと言ってたから、釣ってあげたなっしー。それで食べたことないのに『(ザリガニ)食べられるんだぜ!』って言っちゃって、ライターであぶって食べたなっしー。そしたら次の日から女の子が口をきいてくれなくなったなっしー」とほろ苦い思い出を明かした。

 同ゲームは、コーエーテクモゲームスが1997年に発表した『マリーのアトリエ』から始まる錬金術RPG「アトリエ」シリーズの最新作。21作目の今作は、システムやグラフィックを一新。グラフィックでは、世界の息吹が感じられるように自然の陰影が生かされた表現などが取り入れられている。この日は、神田沙也加も登壇した。