女優の菅野美穂が26日、都内で行われた映画『ジェミニマン』(10月25日公開)の日本語吹替版公開アフレコイベントに参加。今作でハリウッド実写映画の吹替に初挑戦した菅野は「声での演技が苦手」と苦戦しながらも「普段の自分の声より、設定を考えて低めのトーンを意識しました」と話した。

【動画】ウィル・スミスからのサプライズに大興奮する菅野美穂

 同作は、ウィル・スミスが、引退を決意した伝説のスナイパー・ヘンリーを演じ、メアリー演じるダニーは、彼の監視役として潜入捜査を行ううちに、彼を狙う正体不明の暗殺者の存在を知る。それがヘンリー自身のクローンであることを突き止めるも、やがてダニー自身も命を狙われることになり、2人でクローンを作る謎の秘密機関「ジェミニ」の陰謀に立ち向かっていく。

 ひと足早く鑑賞した菅野は「アクションもスゴい。たまげますよ。すごい時代になったなと。“ウィルvsウィル”というか“ウィルvsスミス”みたいな。新しい映画の体験だなと思いました」と興奮気味に感想を語り「是非、劇場の大きいスクリーンで体験してほしい」と呼びかけた。

 菅野が吹き替えるのは、メアリー・エリザベス・ウィンステッドが演じるDIA(アメリカ国防情報局)の潜入捜査官・ダニー。この日のイベントでは、劇中で“2人のウィル・スミス”に声を当てる声優・山寺宏一、江原正士も駆けつけ、菅野は「レジェンドサンドイッチですごい感激しています」と目を輝かせた。

 公開アフレコでは、「失敗しちゃった…」と甘噛みした菅野に対し、山寺が「もう一回、やりましょうか」と声を掛け、和やかな雰囲気でリテイクする一幕も。撮り終えた菅野は「思い出に残る経験をさせていただいた」と感無量。山寺も「我々も共演できて、うれしかったです」と白い歯を見せ、江原は「かわいい声をされている。女優さんなので勘がいい。これでたくさんやられたら困っちゃいますよ」とジョークを交えながら、太鼓判を押していた。