12人組グローバルグループ・IZ*ONEが25日、さいたまスーパーアリーナで日本初となるライブツアー『1ST CONCERT [EYES ON ME] IN JAPAN』ファイナルを迎えた。3時間以上にわたって計25曲を披露。この日発売日を迎えた日本3rdシングル「Vampire」をライブ初パフォーマンスし、緻密なフォーメーションダンスとメンバーの美貌で1万6000人の観客を魅了した。

【写真】関係者席から声援を送った指原莉乃&HKT48メンバー

 2月の日本デビューからわずか7ヶ月。アジアツアー(6公演計3万1000人動員)を経て、8月21日の千葉・幕張メッセ公演からスタートした日本ツアーで5公演計5万人を動員した。美脚際立つ衣装で持ち前の流麗なダンスや、ファッションショーでランウェイを歩いているようなウォーキングで沸かせる一方、MCでは和気あいあいとはしゃいで姉妹のような仲の良さを見せ、会場は高揚と多幸感に包まれた。

 アジアツアーから数えて11公演を終えたメンバーは、一人ひとり時間をかけて丁寧にファンや家族あいさつするなかで、宮脇咲良と矢吹奈子はスタンドの関係者席に向けて呼びかけた。

 宮脇はファンに感謝を伝えた後「尊敬している先輩と親友が見に来てくれています」と紹介すると「私がここでこうやって立っていられるのは、背中で見せてくれたからです。卒業してからも子どものように見守ってくれて、支えてくれてありがとうございます」と涙で声を震わせる。続けて、「さっしー」と手を振る方向の関係者席にカメラが向けられると、飛び跳ねてアピールする指原莉乃の姿が映し出され、大歓声が沸き起こった。

 矢吹奈子も「さしこちゃんがいなかったらアイドルにもなっていなかったし、アイドルに興味も持っていなかったです。いつも私のことを心配してくれたり、連絡してくれてありがとう」と涙ながらに感謝すると、ファンに向けて「私はIZ*ONEになれて幸せです」と満面の笑みを浮かべた。

 カン・ヘウォンはリーダーのクォン・ウンビに「気遣ってくれてありがとう」とお礼を言い、そのウンビはメンバーに向けて声をかけると涙があふれた。ピアノ演奏も披露したキム・ミンジュは「指先まで震えた」と明かしつつ「私はIZ*ONEとして特別な人生を生きていると思います。特別なミンジュにしてくれて、みなさんありがとうございます。WIZ*ONE(ファン)は私がもらったプレゼントの中で一番大きなもの。10代最後の夏を熱く過ごせました。ありがとうございます」と日本語で呼びかけ、ファンの感動を誘った。

 キム・チェウォンが新曲「Vampire」がオリコンデイリーシングルランキング1位を獲得したことを報告すると、会場は拍手に包まれた。「みんなWIZ*ONEのおかげです」と喜びをかみしめると「みなさんが愛をくださるおかげで、次もその次も楽しみです」と笑顔を見せた。

 最後は1人1台のトロッコに乗って「年下Boyfriend」「Up」の2曲を披露。会場の隅々にまで手を振って大歓声に応え、再会を約束していた。

■IZ*ONE『1ST CONCERT [EYES ON ME] IN JAPAN』ファイナル
01. Hey.Bee.Like it.
02. O'My!
03. We Together(IZ*ONE Ver.)
04. 猫になりたい
05. ご機嫌サヨナラ
06. Airplane
07. 夢を見ている間(IZ*ONE Ver.)
08. Really like you
09. Colors
10. To reach you
11. Rollin'Rollin'
12. I AM
13. NEKKOYA(PICK ME)
14. So Curious
15. Ayayaya
16. 好きと言わせたい
17. 好きになっちゃうだろう?(IZ*ONE Ver.)
18. Highlight
19. La Vie en Rose
20. Rumor
21. Violeta
22. Vampire
【アンコール】
23. Memory
24. 年下Boyfriend
25. Up