人気グループ・嵐の二宮和也が25日、都内で行われたJCB新CM発表会に登壇した。11月9日に皇居前広場で開かれる天皇陛下の即位を祝う『国民祭典』の祝賀式典において奉祝曲を歌唱することが発表されている同グループ。天皇・皇后両陛下も出席とあって、初めて聞いたときは「疑うくらい、びっくりしましたよ。『本当に?』って」と衝撃を受けたことを明かした。

【写真】7年ぶりの再会!”カエルくん”とハグで笑顔の二宮和也

 去り際に参加への意気込みを聞かれた二宮「光栄なことだと思いますし、我々らしく参加できたら。頑張らせていただきたいと思います」とやる気をみせ、「そういう時代にいられることは光栄だし、会場に来てくださる国民のみなさんと同じ思い、温度で我々もできたら。ぜひみなさんにも来ていただきたい」と呼びかけ。

 パフォーマンス内容について「まだ考えられていない。多分僕らだけじゃ決められないところもあるしみなさんと一緒にできたらと勝手に、個人的には思ってます。あとはみんなで話し合えたら」と語った。

 この日は2010年二宮が出演するCMシリーズは記念すべき30作目ということでイベントでは年表で10年間を振り返ることに。2018年『ハンバーグ』篇で登場したクッションも登場するなか2011年の『1961』篇が上映されると「毛先遊ばせてましたね…10年ってすごい」と若かりし頃の自分に苦笑する場面も。

 2010年には漫才、オカリナ演奏、2011年と2014年にはワンカット撮影、2017年にはラテアートなど様々なことに挑戦してきた二宮。なかでも、2014年には成田空港で自身の地上絵が飾られたことも紹介されると「すごい、こんなことないですよね?スターです。二宮、この日、スターになりました。羽田でもJCBってみる機会が多い。なんか当たり前な感じもするけどこれはちょっと異質」と驚きの表情を浮かべた。

 改めて「こう見ると、撮ってきたなと思うけど、メイキングやこういうのがありましたよねってみせてもらう機会があると瞬間に思い出せるのは映像の力」としみじみ。「10年が長いねってならないように。20年目もあっという間にきたねってなるようにね~。ここにいるみなさんで一緒に頑張っていきましょう!二宮の20年!ね!」と引き続きのCM出演を熱烈アピールして、笑いを誘っていた。 

 新テレビCM『相棒のように~キャッシュレス定食~』篇は25日より放送開始。