5月にメジャーデビューした男性5人組ユニットCUBERSのメンバー・末吉9太郎(26)が、ツイッターやTikTokなどのSNSに投稿している『アイドルオタクあるある』動画がアイドルファンの間で「癖になる」と話題となり、合計3000万再生を突破する反響を呼んでいる。

【写真】『推しグループのMVが公開されて優勝するオタク』は勢いトレンド3位に

 9太郎は幼い頃からの“ガチ”のハロー!プロジェクトファンで「モーニング娘。になりたい」夢を持ち続けていたが、性別の違いに気づいて断念。しかし、長年の念願かなって今年5月、モーニング娘。の生みの親・つんく♂作詞作曲、夏まゆみ氏振付の楽曲「メジャーボーイ」でメジャーデビューを飾った「シンデレラボーイ」としてじわじわ認知を広げている。

 自身も現役アイドルでありながら、休日はハロプロや、スターダストプロモーションが手がけるEBiDAN(恵比寿学園男子部)の現場にひんぱんに足を運び、握手会などの特典会にも参加。アイドルとして活動しながらオタク活動も行う“アイドルオタクアイドル”として握手会レポートなどをツイッターに投稿し、アイドルファンからも親しまれている。

 9太郎がここ最近SNSに投稿している「オタクあるある」動画は、オタク用語「TO(トップオタ)」「鍵閉め」「古参」「マウント」「剥がし」「他界」「病んだ」などを多用するほか、若者言葉の「それなっー」や「沸いたー」など取り入れ、アイドルオタクの間で「クセになるww」「わかりみ深いw」「ヲタあるあるすぎる~~ww」「これは数日前の私。」などと共感の嵐。

 芸能人にも広がりをみせ、大森靖子、古川優香、でんぱ組.incのぺろりん先生(鹿目凛)、ぱいぱいでか美にツイッターをフォローされているほか、SILENT SIRENのひなんちゅは「9太郎くんのツイートをリツイートするのが日課になってる(笑)」とハマっていることを明かしている。

 動画の再生数は累計3000万回を突破し、100万いいねを獲得。『推しグループのMVが公開されて優勝するオタク』の動画はツイッターの勢いトレンドで3位にランクした。持ち前の中性的なキャラクターを生かしてブレイクなるか!?