昨年末に放送された『M-1グランプリ2018』決勝に出場し、「合体」ネタで大きなインパクトを残し一躍ブレイクを果たしたお笑いコンビのトム・ブラウンが24日、都内で行われた映画『ジョン・ウィック:パラベラム』のイベントに登場した。

【写真】似てる?ポスターのキアヌ・リーブスと並ぶトム・ブラウン布川

 同映画は、“殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など、数々の伝説とともに裏社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィックが、裏社会の掟を破ってしまったことで、闇の組織によって1400万ドルの賞金をその首にかけられ、全世界の殺し屋たちのターゲットとなってしまうストーリー。主演はキアヌ・リーブスが務めている。

 映画好きだというみちおは「ゾンビやアクション、タイムループ作品なども好きですね!」と映画愛を熱弁。『ジョン・ウィック』シリーズもチェック済みだといい「1、2も好きで試写のお話をいただいてうれしかった。本作だけを観ても楽しめる内容で親切。『スター・ウォーズ』みたいに仁義なき戦いになっていくのではないか? キアヌ様最高ですね」と司会者顔負けの映画アピールを展開し会場を笑わせた。

 じょう舌過ぎる映画評論に相方のツッコミ担当・布川ひろきから「みちおは映画の話になると、ひとボケも絶対にしない。映画が本当に好きなので…」と暴露されると、「絶対にボケないと決めています! あと、格闘シーンの…」と宣言しながら再び映画の見どころを語った。

 その後は、キアヌ・リーブスとジョン・レノン、木村拓哉を組み合わせた「合体」ネタを展開し会場を盛り上げた。