10月3日にテレビ朝日系で放送される『遺留捜査スペシャル』(後8:00~9:48)では、主演の上川隆也がフェンシングでメインゲスト・美村里江と“剣”を交えることに。ともにフェンシング初挑戦の上川と美村が、専門家に構えや剣さばきについて細かく確認を仰ぎながら、迫力たっぷりに熱演を見せる。

【画像】白熱のフェンシングシーンなど

 事件現場に残された“遺留品”にこだわり、超マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く人気ミステリーの最新作。今回のスペシャルで糸村が挑むのは、大手メーカーの社長・梶田正彦(団時朗)が殺害された事件。300億円もの遺産をめぐる犯行が疑われる中、糸村は現場の屋敷に昭和48(1973)年のアイテムばかりが詰まった、離れ部屋を発見。その部屋で、平成時代のヒット商品である1体の人形を見つける。“昭和”の中にたったひとつだけ“平成”が混じっていることに興味をひかれた糸村は、その人形を糸口に事件の奥底に潜む真実に迫っていく。

 捜査の過程で浮上するのが、美村演じる敏腕経営コンサルタント・牧村桃子の存在。趣味のフェンシングに打ち込む彼女のもとまで事情を聴きに行った糸村は、あまりのしつこさに辟易(へきえき)した桃子から「どうしても聞きたいなら、私に勝ってごらんなさい」と言われ、試合に挑むことになる。

 フェンシングには「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目あり、今回、2人が臨んだのは、中世ヨーロッパで貴族たちがプライドをかけて対峙した“決闘”を起源とするエペ。フェンシングの全3種目中、最も重い剣を使うほか、相手の動きを推測して駆け引きを繰り広げるため、“筋肉を使った心理戦”ともよばれる。

 撮影当日、上川と美村は蒸し暑い体育館の中、エペ用の分厚い防具を身に着け、“ピスト”とよばれる試合コートへ。騎士道から生まれたフェンシングでは礼儀作法が重んじられており、2人も審判からの「ラッサンブレ・サリュー(気を付け、礼)」の掛け声で丁寧にあいさつを交わしてから剣を交えた。

 今回、人生で初めてフェンシングに触れた上川が最も驚いたのは、プロの打突(だとつ)の“衝撃”。「体重の乗った一撃が先端7ミリぐらいの点になって“ドン!”ときますので、その重さに驚かされました。フェンシングがとんでもなく過酷な競技であることを、改めて思い知らされました」と、フェンシングの“パワー”に圧倒されたことを明かした。劇中では、桃子に“打突”されて糸村がもんどりうって倒れる場面があり、息を合わせてスピード感あふれる立ち回りを披露する。

 対する美村は、フェンシング経験者である桃子を演じるにあたり、撮影前から身体づくりを重ねてきたことを告白。「私は踏み込むとき、どうしても足の向きが内側に入りがちで、力強さが足りなかったんです。ピラティスの先生に相談したところ、“内転筋”を鍛えたらとアドバイスされ、バレエのバーレッスンを地道に取り入れて克服することができました」と、一瞬の動作にまでこだわって撮影に臨んだことを打ち明けていた。

 上川は「今回、糸村がフェンシングとどう向き合ったのか、そこがこれまでにない切り口になっていて、糸村というキャラクターのまた新たな一面をお見せできるのではないかと思っています」とも語っており、2人の“決闘”の結末が気になるところだ。