黒木華主演のTBS系ドラマ『凪のお暇』(毎週金曜 後10:00)の同名原作コミック最新6巻が、初週5.2万部を売り上げ、最新9/23付週間コミックランキング6位に初登場。シリーズ初のTOP10入りとなった。ドラマは、話数を重ねるごとに黒木、高橋一生、中村倫也演じる登場キャラクターの“三角関係”が加熱。大きな話題を呼び、本日9月20日最終回を迎える。

【ドラマ写真】密室でゲームに熱中する中村倫也と高橋一生

『凪のお暇』は、月刊『エレガンスイブ』で連載中の人気コミックで、日々平穏に過ごすため場の空気を読みすぎるOL・大島凪が、過呼吸で倒れたのをきっかけに自分を見つめ直し、仕事も恋もすべて捨て人生をリセットする物語。

 最新6巻では、転職活動を始めた凪と、凪に未練がありながら会社の後輩女子と急接近する元カレ・慎二、そして凪のことを意識するアパートの隣人・ゴンの絡みもつれる関係が描かれる。