アニメーション映画『君の名は。』(2016)『天気の子』(2019)などで知られる新海誠監督の娘で、映画・ドラマ・CMで広く活躍する子役の新津ちせ(9)が19日、主演映画『駅までの道をおしえて』(10月18日公開)完成披露イベントに出席。

【写真】1年間の共同生活を送った新津ちせと柴犬のルー

 同映画は、直木賞作家・伊集院静氏の同名小説(講談社文庫)が原作。主人公・サヤカ(新津)は、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。そんなサヤカと、幼き息子を亡くした経験を持つ老人・フセ(笈田ヨシ)が出会い、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を二人の絆で温かい思い出に変えていく。

 ルーとの特別な絆を劇中で表現するため、新津は撮影終了までの1年強もの間、自宅で共同生活を送ったそうで「もともと犬が大好きだったのですが、飼うのはルーが初めてでした。『座れ』とか『待て』とかスムーズに言えなくて、トレーナーさんに『もっと大きな声で』と言われていました」と交流秘話を披露。「そこから、だんだんと仲良くなれて、私の言うことも聞いてくれて、信頼関係を築いていけました」と声を弾ませた。

 そんな新津の姿に、両親役を務めた坂井真紀と滝藤賢一も成長ふりを感じ取ったようで、坂井が「私は、初めのシーンから9ヶ月後にまた一緒になったのですが、背も高くなったり、お顔も変わっていて、さらに立派になっていて、とても驚きました」としみじみ。滝藤も「9ヶ月後は別人、女性ってこんなに変わるんだなと。キュートから、闇を抱えた妖艶な女性になっていて、自分の娘がこうなっていたらどうしようと思いました」と笑わせていた。

 イベントにはそのほか、笈田、コトリンゴ、橋本直樹監督、ルー(柴犬)、ルース(元保護犬)も出席。ルーが登場するなり、大喜びの新津は「本当にかわいいです」と満面の笑みを見せていた。