TRFのDJ KOOと元ラグビー日本代表の大畑大介が19日、東京・銀座のPLUSTOKYOで行われた『ラグビーワールドカップ2019』のパブリックビューイング『爆音ラグビー』PRイベントに参加。DJ KOOはラグビー部時代の写真を公開し「ぽっと出じゃない」と力説した。

【貴重写真】DJ KOOのラグビー部時代の写真を公開

 ラグビーワールドカップは、あす20日に開幕。2015年のラグビーW杯イングランド大会で起きた日本代表が南アフリカ代表を破った歴史的快挙の“ブライトンの奇跡”以降、日本でもラグビー熱が高まり続けている。そんな中、意外にも高校時代の3年間をラグビーに捧げたというDJ KOOも脚光を浴びている。

 最近はラグビーイベントに引っ張りだこのDJ KOOは「高校時代はガチガチのラガーマン。朝の7時にはグラウンドで朝練してました」と振り返った。ポジションは司令塔のスタンドオフを務めていたそう。そして、この日のイベントではラグビー部時代の写真を公開。土煙を上げながら豪快なフォームでキッカーを務める若かりし頃のDJ KOOの姿に会場からは驚きの声が。DJ KOOは「ボールも皮のボール。汚い話ですけど、当時はボールを磨くときにツバをつけて、ゴシゴシしていた」と懐かしんだ。大畑も「ボールの角度も手前側に倒れている。昔のボールのけり方。そういったところも時代を感じますね」とうなずくと、DJ KOOは「ぽっと出じゃないんだぞ、というところを出しました」とにやりとしていた。

 「自分がラグビーをやっていると声を大にして言えないような空気感だった」と振り返るが、W杯の日本大会が決定して以降は「俺もラグビーやってるんだぜ、と拳を上げましたね」と盛り上がりを感じたそう。あすの開幕戦は家族と観戦するそうで「勝利を信じています。さらに、盛り上げたい。気合入ってます」とやる気の炎をメラメラと燃やした。

 同イベントは“にわかでいいじゃないか”をコンセプトに音でラグビーを楽しむイベントとなる。あす20日に行われる日本対ロシア戦で開催される。大畑は「ドキドキです。始まっちゃうと終わるのかという寂しさが早くもある(笑)」と開幕前から“W杯ロス”を実感しているそう。「今回はベスト8以上が可能な位置。ラグビー関係者として選手たちが最高のパフォーマンスをできる環境を作っていきたい」と力を込めた。DJ KOOも「会場に行ったら誰でも好きになっちゃうような熱中できるスポーツ」と魅力を熱弁していた。