20日にテレビ東京などで放送されるアニメ『フルーツバスケット』1st season最終話となる第25話の場面カットが17日、先行公開された。新たな十二支が登場し、草摩依鈴役を豊崎愛生が担当する。

【画像】草摩依鈴のキャラクタービジュアル&担当声優の豊崎愛生

 最終回に登場するのは、十二支の一人で長い黒髪が特徴的な午の物の怪に憑かれている草摩依鈴。とある理由から両親と不仲になり、現在は楽羅の家で暮らしている。学校にはあまり通わず背中に目立つ傷跡があるキャラクターで、どのような過去や悩みを持っているのか、今後の見どころとなる。

 同作は、唯一の家族だった母親を亡くして一人テント暮らしをしていた女子高生・本田透が、あることがきっかけで、同級生・草摩由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することに。居候初日に透は、代々十二支の物の怪(もののけ)憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまう体質だという草摩一族の秘密を知ってしまう。ちょっと複雑な事情を抱えた高校生たちの日常にスポットを当てた、ほのぼのストーリー。

 1998年から2006年まで『花とゆめ』で連載され、コミックスは全23巻で全世界発行累計3000万部を突破。今回アニメは1st seasonが最終回を迎えたが、今後、テレビ東京などで全編放送される。

■放送日時
テレビ東京:毎週金曜 深夜1時23分から
テレビ大阪:毎週金曜 深夜2時10分から
テレビ愛知:毎週金曜 深夜2時5分から