歌手・女優の中尾ミエ(73)が、きょう18日よりワタナベエンターテインメントに所属することを発表した。1961年、15歳で渡辺プロダクションからデビューし30年間所属。そこから独立し芸歴58年目を迎えた今年、28年ぶりに“古巣”の事務所へ戻ってきた。

【写真】満面の笑みの中尾ミエと寄り添う城田優

 今年6月から公演を行っていたブロードウェイミュージカル『ピピン』では、主人公ピピン役で同じワタナベエンタに所属する城田優の祖母・バーサ役を務めた中尾。歌や演技はもちろん、空中ブランコなどのアクロバットも披露し、表現者として果敢に挑戦し続ける姿が観客に大きな感動と驚きを与えた。

 新たな出発に中尾は「渡辺プロダクションからデビューして30年。独立し、武者修行を経て約30年。社会人として還暦を迎える今、『ピピン』で優くんと共演でき、私もまだいける!と思い、古巣に戻って参りました。とても嬉しく思っております。これからもどうぞよろしくお願い致します」とコメントを寄せた。

 中尾は1961年渡辺プロと契約。翌年、弱冠16歳でリリースした「可愛いベイビー」の大ヒットにより、同年のNHK紅白歌合戦に出場。その後、伊東ゆかり、園まりとスパーク三人娘を結成しお茶の間の人気者となり、渡辺プロの一時代を築く。1992年に独立した。現在はTOKYO MX『5時に夢中!』に金曜日コメンテーターとして出演中。