米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の登場人物の一人、勝村政信演じる外科医・加地秀樹が主役のスピンオフドラマ『ドクターY 外科医・加地秀樹』が、10月6日(後9:00)に初の地上波2時間スペシャルで放送される。群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む『ドクターY』も実は、今回が第4弾。今回は、加地の知られざる過去が明らかに。その鍵を握るホステス・島田美里役で倉科カナが出演する。

【写真】子役の凛ちゃんと仲良しショット

 本作では、7年前に行われたとある手術が、加地にとんでもない波乱をもたらすことに。さらに、加地に“隠し子疑惑”まで浮上。「東帝大学病院」で平穏な外科医生活を送っていた加地の身辺が、突如として慌ただしくなる。

 倉科が演じる美里は、加地が7年前に訪れた銀座の高級クラブのホステス。現役女子大生だった美里と、当時は「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」の外科医だった加地は店で意気投合し、そのままホテルで一夜を共にしてしまう。

 そして7年の時が過ぎ…。「東帝大学病院」に勤務していた加地は、ある事情から「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」に戻ることに。そこで加地を待ち受けていたのは、7年前の手術ミス疑惑。さらに「この子はたった一夜の奇跡の夜に神様が私たちに授けてくださった宝物です」と書かれた手紙を携えた6歳の女の子・島田七海(古川凛)だった。

 「しばらく日本を離れる間、その子をお願いします」という文面に呆然とする加地。そして封筒に入っていた写真を見て、驚がくすることになる。なんとそこに写っていたのは、7年前に一夜だけの関係を持った美里だったからだ。「まさか」と「いや、でももしかしたら…」という気持ちが入り混じりながら、ひとまず美里が日本に戻ってくるまで七海を自分が宿泊しているホテルで預かることにした加地。案の定、あっという間に病院内に隠し子疑惑の噂が広まってしまい…。

 今回の『ドクターY』では、これまでにない“大人なシーン”の撮影に挑んだ勝村と倉科。まさかの展開に勝村は「ありがたい限りでした(笑)」とニヤリ。倉科は「どうやったら面白くなるか、監督と勝村さんと話しながら撮影を進めました」と、秘話を明かした。

 「倉科さんは本当にかわいらしい方で、今回の美里役は彼女のために書かれたのではないかと思うくらいピッタリに演じられていました」と勝村。「みんなが彼女を好きになってしまうのではないかというほど、笑顔にやられますよ!」と、『ドクターY』初登場の倉科を歓迎した。

 一方の倉科も「かっこいいなぁ、一緒にお仕事したいなぁと思っていたので、今回お芝居をすることができて本当に楽しかったです」と、念願だった勝村との共演に喜びを隠せない様子。「加地先生の魅力がぎっしり詰まった“医療コメディー”を楽しんでください」とアピールした。

 また、加地の“隠し子”として登場する七海を演じた子役の凛ちゃんのかわいらしさにも勝村はメロメロだったようで、撮影中の二人の仲の良さは他の共演者やスタッフもうらやむほど? 「勝村さんは優しくて、撮影がとても楽しかった」と話す凛ちゃん。「日傘を差してくれたり、好きな食べ物の話をしてくれたり、たくさんお話をしてくれて面白かった」と、撮影を振り返っていた。勝村は「本当は少し距離があって、次第に近づいていくという設定なんだけど、最初から仲良くなりすぎてしまいました(笑)」と、笑顔で反省していた。