日清食品のカップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」の最新作で、世界的な人気アニメ『ONE PIECE』とコラボした「HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ篇」の続編「HUNGRY DAYS ワンピース ナミ篇」が13日から、全国でオンエアを開始する。

【CM動画】もし高校生活を送っていたら?…ナミが過ごす青春時代

 「アオハルかよ。」のコピーでもお馴じみとなった、カップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」。2017年6月にオンエアを開始し「魔女の宅急便篇」「アルプスの少女ハイジ篇」「サザエさん篇」「最終回篇」の全4作品においてCM好感度1位(食品業類)を獲得し、動画再生回数もシリーズ累計で1800万回以上を記録するなど、大きな話題となった。

 第一弾「ゾロ篇」も『ONE PIECE』の人気キャラクターを青春アニメのタッチで描くという驚きと、CM全編に仕込まれた『ONE PIECE』にまつわる小ネタの数々などが話題となり、日清食品史上最多となる動画再生回数2100万回(ツイッター、フェイスブック、YouTubeの合計) を記録。

 「予告篇」を含めたシリーズ累計再生回数は2500万回を突破し、CM総合研究所による6月度のCM好感度調査でも「ゾロ篇」は、日本の全企業のCM作品の中で好感度1位を獲得し、日清食品として20年ぶりとなる快挙を成し遂げた。

 最新作「ナミ篇」は、前作「ゾロ篇」と同様、「ルフィ率いる‟麦わらの一味“が高校生活を送っていたら」というパラレルワールドを舞台に、航海士を目指す女子高校生・ナミの日々の努力や心の葛藤にスポットを当てており、背景に登場するキャラクターも、「ゾロ篇」を上回る人数となることも見どころとなる。

 ルフィ役の田中真弓、ナミ役の岡村明美らアニメ版『ONE PIECE』と同じ豪華声優陣が出演するほか、キャラクターデザインは「ツルモク独身寮」の作者として知られる窪之内英策氏、音楽は「BUMP OF CHICKEN」がシリーズを通じて担当している。

【ストーリー】
いつか優秀な航海士になりたい…。大きな夢に向かい日々の努力に青春を捧げる17歳の女子高校生・ナミ。徹夜の勉強、毎日の学校生活、そしてハードなアルバイトと過酷を極める生活に、ナミの気持ちは折れる寸前…。「この青春はいつか報われますか?」。追い詰められたナミから出た「助けて…」の言葉。心の声をしっかり拾い上げてくれたルフィ、そして明るく優しい仲間たちの笑顔が、ナミをまた一歩、夢に近づける。