俳優の柄本時生、女優の成海璃子がBS日テレで来年1月11日に放送される『BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵』(後7:00)の撮影中に囲み取材に参加した。柄本は後に“おバカのスーパースター”となる林家木久蔵(現・林家木久扇)、成海が妻となる武津子を演じている。今回、3回目の共演で夫婦役を勤める2人だが、柄本は「笑いました。キャスト表を見たときに『璃子ちゃんだ』って。初めてが妹役で、璃子ちゃんの主演の映画で、僕がお兄ちゃんだった。なんか変な気分でした」と感想を語った。

【写真】林家木久蔵(現・林家木久扇)妻役の成海璃子

 『BS笑点ドラマスペシャル』の第3弾となる今回。『笑点』大喜利において回答者として50年目に突入、最古参の人気メンバー・木久蔵の知られざる原点、半生を描く。台本を読み「こんなにも流される人なんだ、と。それで今に至ると。そこに行き着いて根付けるご自身の人間力が面白いのではないか」と木久蔵の半生に感心する柄本。成海いわく「うそかと思う出来事がたくさんありまして…結婚も衝撃的です。現実でこんなことが起こるのか、すごく面白い人として木久蔵さんが描かれています」と驚きのエピソードも明らかになる。

 後日に結婚式シーンを控えた柄本は「写真撮ろう?記念になるなと思って」と提案すると成海も「写真は撮っておきましょう」と賛成。「まさか夫婦役を演るとは時生くんと夫婦ということでやりたいなと思いました。仲良くしてもらっているのでなにより現場が楽しいだろうなと。すごく照れくさかったですね」とはにかむと、結婚式シーンについて「私が演じる武津子さんを表す大切なシーンなのでどしっとその場にいたいです」と意気込んだ。

 長く愛され続ける『笑点』の魅力について柄本は「言い方が正しいのかわからないんですが大喜利なんかをやると、その場が崩れる瞬間がある。急にみんなが立ち上がって追っかけ回したりあの瞬間が面白いな、と。形あるものから急にグララって崩れる。その瞬間が面白いなと演っていて思いました。それってお茶の間で見ていて楽しいんですよ。メシ食いながらみれるあの感覚もいいな、と思います。あとは変わらないからいいんじゃないかな」と演じた立場から力説。「時生さんの意見とおんなじです」と“妻”として優しく同意していた。