ABCテレビの『おはよう朝日です』(月~金 前6:45~8:00※関西ローカル)の40周年スペシャル企画として、岩本計介アナウンサー(43)と気象予報士の正木明(53)がキリマンジャロ登頂に挑戦した模様が、きょう12日までに同番組内で紹介された。

【写真】番組でキリマンジャロ登頂について伝える2人

 2人は、8月23日に日本を出発。登頂成功率50%と言われているアフリカ最高峰のキリマンジャロへ向かった。出発地点・標高1820メートルのマラングゲートから、標高差4075メートルを4泊5日の日程で登り、山頂のウフルピーク(標高 5895メートル)を目指した。

 3日目までは順調に進んだものの、4日目、富士山の標高を越える未体験の高度に突入すると、空気の薄さ、寒さ、疲れなどで高山病に襲われる。4703メートルとなるキボハット地点からは困難を極め、リタイアする者が続出。岩本アナ、正木、カメラマン、音声マン、ディレクター2人と、合計6人で挑んだ頂上(ウルフピーク)には、岩本アナただ一人が到達した。

 中でも、正木は、5400メートル付近で異変が。息があがり、休憩しても元に戻らない。同行していた好日山荘・登山ガイド田中氏が、今のペースのまま、これ以上の登山を続けるのは困難という判断で、撮影部隊とは離れて登ることを指示。5月の挑戦発表から3ヶ月、関西の山々で練習登山を行い、トレーニングや低酸素室などの訓練を共に行い、共に挑戦してきた岩本アナと、涙ながらに抱き合い、別れることに。

 その後、正木は、ウルフピークにはたどり着けなかったものの、岩本アナと離れたあと、3時間ほど、最後は這うようにして、登頂証明書がもらえるもう一つの頂上、ギルマンズポイント(5685メートル)まで登った。

 おは朝公式ツイッターで視聴者から寄せられた「挑戦」の文言を全面に書き込ん
だ大きなフラッグは、無事、岩本アナがウルフピーク山頂に掲げられた。

 40周年という節目にふさわしく、番組史上最大の挑戦として臨んだ今回のキリマンジャロ登頂挑戦企画。岩本アナは番組内で「“挑戦”ってなんだろうと改めて考えると“やめないこと”かなとすごく思います。一歩一歩踏み出すことしかできないんです。途中見えるゴールがとにかく遠くて、こんなん無理やって何度も思いましたが、やめないこと。しんどい時は休むこと、自分が折れそうな時は誰かに頼ること。頼っても休んでもいいから、やめないこと。これが“挑戦”なのかなと思いました」とコメント。

 さらに、今後の番組に生かすべく、大きな刺激を受けたという。「自分が何を考えて、『おは朝』で何をしたいのか、『おは朝』をどんな番組にしたいのか、ということを改めて考える機会になりました。人気番組にしたい、だけではなく、その先に、『おは朝』を見て、何かスイッチを入れてもらえるような番組にしたい、ニュース、スポーツ、芸能なにかをみて、興味のスイッチとか、明るい気持ちのスイッチが入るように。今回の挑戦は、もう一歩踏み出すスイッチが視聴者の皆さんに 入るような時間になればいいなと。『おは朝』に出演して5年目の僕にとって、とても大きいことでした」と、気持ちを新たにしていた。